2016年5月8日日曜日

PS4「オーバーウォッチ」BETA版プレイ感想

5月24日に発売されるオーバーウォッチのベータ版が5月11日までの期間限定でプレイできるということで早速プレイ!
とりあえずLv15ほどまでプレイした感想を記載しておきます。

役割分担が重要なFPS
オーバーウォッチのジャンルは6VS6のチーム対戦型FPS。
対戦内容は敵を倒した数を競うのではなく、攻撃側/防御側にチームが分かれて特定の場所の取り合いや、オブジェクトを特定の場所まで移動させるなどといったルールになっている。
プレイヤーは、個性豊かな21名のヒーローから操作するキャラクターを選択できる。
この21名のヒーローにはそれぞれアビリティや武器が設定されていて
味方を守るTANK
敵を倒すOFFENSE
防衛を得意とするDEFENSE
仲間の回復など補助を得意とするSUPPORT
といった形でヒーロー毎に役割が分けられている。
それぞれ得手不得手があり、キャラクターの組み合わせによる相乗効果もあるため、PTのチーム構成/役割分担が重要になる。
また、拠点もしくはデス時にキャラクター変更できるため、戦況に応じて操作キャラクターを変更することも重要になってくる。

・良かった点
FPSとしては珍しく(?)、キャラクターが多い。
キルデス数勝負のデスマッチではないため、対戦結果時にさまざまな項目で評価される。
エイムが苦手でも、役割によってはエイムの必要性が低いため、チームに貢献できる。
個人的に3D酔いしにくい。

・気になった点
プレイヤーのレベル差に関係なくマッチングされる?のかLv10未満でもLv30台の人と一緒にプレイすることが多かった。
戦況に応じてキャラを変えていく必要があり、愛着のあるキャラを使い続けるのは不向き。
装備がない。

総評
個人的に3D酔いしやすく、エイムが苦手なため、FPSは楽しめないことが多いのだが、
オーバーウォッチは上記した通り、キャラによってはエイムの必要性が低いおかげか3D酔いもなく楽しむことができた。

ベータ版でありながら、たくさんのキャラクターを使えて凄い面白いのだが…
ベータ版で満足してしまった…。
5月24日発売とドラクエヒーローズ新作やギルティギア新作の発売日に近いということもあり、私は購入しなさそう…。

スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ