2016年5月13日金曜日

PS4/Vita「スーパータイムフォースULTRA」プレイ感想

PS+ 5月のフリープレイにあったので早速プレイ。
クリア出来たので感想を記載しておきます。
1周目クリア済み/ヘルデッキステージ・スーパーハードコアモードはクリアしてない。

タイムトラベルを題材にした爽快なアクションゲーム
味のあるドット絵の横スクロール2Dアクションゲーム。
タイムトラベルをテーマにしたシナリオで、どこかで見たことのあるような6つの時代がステージになっている。
このゲームの大きな特徴として、シングルプレイヤー協力プレイが挙げられる。
プレイヤーキャラクターが死亡時もしくは、○ボタンを押すことで時間を戻すことが出来、任意の時間からプレイし直すことができる。
この時、過去のプレイヤーキャラクターも同時に動き出す(死亡時もしくは、○ボタンを押すまでの行動をしてくれる)ため、過去の自分と協力プレイできる形になる。
過去のプレイヤーキャラクターが死亡する状況を回避できた場合、死亡した場所にパワーアップアイテムが出現する。
時間を戻しても、過去キャラのアイテム入手状況なども引き継がれるため、時間戻しを活用してステージを効率よく進められる。
1ステージで30回ほど時間操作可能なため、1度に多くのキャラクターと協力できる。
1体ではつらいボス戦も、10体以上のキャラクターで一気に攻め落とせるため、非常に爽快。
タイムトラベル分身爽快アクションというジャンル名にふさわしいゲーム内容になっている。
また、やりこみ要素として、ステージごとにあるゴールドオーブ集めや、パズル的なステージをクリアしていくヘルデッキステージ、クリア後に解禁される高難度モードのスーパーハードコアモードなどがある。

・良かった点
個性的なドット絵
シングルプレイヤー協力プレイ
一撃で即死してしまうが、死亡時に時間が戻るため、リトライしやすい。

・気になった点
時間戻しで効率よくプレイするのが前提なため、制限時間がやや短め
良くも悪くも1周で結構満足してしまう
やりこみ要素がやや面倒

総評
タイムトラベルをテーマにしたストーリーとゲームシステムが非常にマッチしているゲーム。
一撃死するため、初めこそ難しく感じるものの、リトライのしやすさとシングルプレイヤー協力プレイによりストレスなく快適にプレイすることができる。
3~4時間程度で1周クリアできるので、PS+に加入しているのなら試しにプレイしてみてはどうだろうか。

スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ