2017年3月23日木曜日

閃乱カグラPBS攻略・対戦(Ver1.02):どの武器/スキルカード/オトモカードが強いのか

>閃乱カグラPBS攻略メニュー

Ver1.01~1.02においてランクマッチでの対戦で強いとされている武器/スキルカード/オトモカードについて

▼武器:グレネードランチャー
今作のゲームシステムでは、敵のHPを半分減らすとバリアを張られてしまう。
スキルカードでもバリアを張ることができ、割と攻撃を当てるチャンスが少ない。
そのため、単発火力の高い武器:グレネードランチャーが強い。
また、少ない水消費でハイジャンプが出来る点も強い。
攻撃判定も大きく当てやすいため、現状一強になっている。

逆に、現状スナイパーライフルは攻撃判定がおかしい(バグ?)ため、最弱といっても過言ではない。
ただ、単発火力は最高峰なため、今後修正次第では強武器になりそう。

▼スキルカード:叢濡れパイレーツ/叢最胸の忍に
コスト3で敵チーム全体にリロード不可の弱体カード。
今作では、ダッシュ/攻撃ともに水ゲージを使用するため、これをされるとスキルカードを使うことしか出来ないので、かなり強力ないやがらせカードになっている。
ただし、強化効果を付与するカードで上書きすることができるため、
今作の基本的な対戦の流れは、
このカードで弱体される→強化カードを使って上書き
が主流になっている。

▼スキルカード:両備ゴールデンなど、大道寺先輩赤手空拳など
両備:射撃威力+60%
大道寺先輩:射撃近接威力+50%
と、攻撃力アップ効果が得られる強化カード。
特に両備は、単体効果コスト1/全体効果コスト2と、どちらでも使用可能になるまでの時間が短いため、上記叢対策で入れるのも悪くない。
また、グレネードランチャーと相性がよいため、両備を使う人は多い。

▼オトモカード:傀儡ウォーカー(赤)など
各種傀儡ウォーカーは発動後28秒間無敵の超強力カード。
モミネーションだとこれ発動して櫓の側にいれば、簡単に櫓奪えるっぽい?
どうすんのこれ…。
コスト10と使用可能になるのが比較的重いのが救い?

▼オトモカード:かぐら/両姫最胸の忍になど
バリアを張るカード。
かぐらは自身のみだが、コスト1と使用可能になるまでの時間が短く、耐久値1000と非常に強力。
両姫は、耐久値300のバリアを、自身のみコスト2/味方チームの場合コスト4で使用可能。
対策にバリア破壊の葛城/夜桜などいれたいところだが、正直対戦で当てるのは難しいので、バリア破壊は入れないほうがよさげかも。
追記:ちなみに、どうも体力半分時のバリアにはバリア破壊の効果がないっぽい?

▼スキルカード:菖蒲最胸の忍になど/オトモカード:ぽんたろう
姿を一定時間消す効果を持った強化カード。
ゲームシステム的にロックオンできない&姿が見えないのは、かなり厄介。
対戦では敵から標的になりにくく、モミネーションではひっそり櫓のゲージ稼いだりなども。
菖蒲はコスト3と重いのが難点だが、ぽんたろうはコスト1で使いやすい。
これも強化扱いっぽいので、叢対策になってるっぽいのだが、
逆に言えばステルス中にチーム弱体/強化がかかると解除されるっぽい?


▼対戦感想
現状叢対策をしないとどうしようもなく、こちらも叢を使いつつ強化カードで対策をするといった状態に。
キャラ格差が近接攻撃だけになった反面、武器/スキルカードの差でEVのときよりさらにバランスが悪くなったように感じる。
正直ゲームシステムなど大幅に調整/修正が入らないと、対戦関連は厳しい気がする…。
また、EVのころは強キャラが自重される傾向にあったが、
今作はランクマッチ/フリーマッチに限らず強武器/カードが自重されていない傾向が多い印象。

>閃乱カグラPBS攻略メニュー

スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ