2018年6月11日月曜日

Switch/スマホ「ポケモンクエスト」クリア記念プレイ感想

毎日チマチマと少しずつ進めてようやくクリアできたので、恒例のプレイ感想を記載しておきます。
・Switch版をプレイ/とりあえずスタッフロールまでプレイ。クリア後のステージはまだクリアしておらず…。

▼とにかく「しかくい」
今作は、出てくる全てが「しかくい」。
ポケモンも地形もオブジェクトもとにかく「しかくい」。

▼ポケモンのハクスラ?
今作のゲーム内容は、基本プレイ無料のポケモンのハクスラRPG。
ポケモンのハクスラというと「ポケモンスクランブル」があるが、それと比べるとアクション性は大分薄いものになっている。

今作はステージ制で、ステージを選択すると、ポケモンは自動で移動や攻撃をしてくれる。
プレイヤーは敵から一時的に離れる回避行動と、ポケモンごとに設定されている「わざ」のみ指示することができる。
「わざ」や回避行動は連続で行う事はできず、一定時間経過しなければ再使用できないようになっている。
やれることは少ないが、これらを活用しないと先へ進むのは厳しい。
「わざ」を自動で行ってくれるオートモードがあり、周回するのに便利。

ステージを進めてPストーン(装備品)や素材を入手し、PTを強化し、さらに難しいステージを進めていくといった流れになっている。
また、入手できる素材を使って料理をすることで、新しいポケモンを仲間にすることができる。
Pストーンにランダムで付く特殊効果があったり、ポケモンの習得する「わざ」やステータスがランダム性がランダムだったりと、トレハン要素もあり。

▼基本プレイ無料だが課金要素は薄め?
基本プレイ無料ということもあってか、スタミナ制が採用されている。
また、課金要素としては、便利なもようがえグッズがDLCとしてあるが、なくても問題なくクリアできたので、おそらく課金要素は薄いと思われる。

▼気になった点
・お気に入りが使いづらい
基本的にポケモンのレベルが上がりにくい反面、ステージを進めると解禁される新しい鍋を使い料理すると高レベルのポケモンを仲間にしやすい。
そのため、終盤までは同じポケモンを使い続けるのではなく、新しいポケモンをどんどん入れ替えて使っていく形になる。
また、ポケモンやわざでかなり性能差があるように感じられた。
・UI
スマホとのマルチということで、タッチ操作前提の作りになっているため、コントローラーでは少々遊びづらく感じる部分がある。
Switchだと一応タッチ操作だけではなくボタン操作もできるので、戦闘などはボタンの方が楽っぽい。
・オートゆえの面倒くささ
ポケモンが勝手に動いてくれるので、やれることは少ない。
それ故に、思ったとおりに動いてくれなくてイラっとするところもなくはない。
・やれることは少ないが地味に面倒
基本的にHP回復手段が少ないため、回避行動をうまく使って被ダメージを減らし、きっちりわざを当てていく必要がある。
ステージを進めていくと大幅に敵が強くなり、回避をうまく活用してもなかなか先へ進めなくなってくる。
「敵に攻撃を当てたらHP回復」の特殊効果のついたPストーンを入手できると、高火力のわざを当てるとモリッと回復できるようになるため、かなり楽になるが…。
・バグ?
時折わざが再使用可能になった後、ボタンを押してもわざが使えないことが多々あった。
この時一旦回避行動を取り、再度時間経過させると再使用可能になった。
また、これは勘違いかもしれないが、選択しているポケモンのわざではなく別のわざが発動することもある?

▼総評
基本プレイ無料で、課金要素も薄いので、ちょっと遊ぶ分には○。
ぼけーっと、しかくいポケモンが動くのを見てる分にはいいのですが
先へ進もうとするとランダム性や操作性などで色々とストレスを感じてしまう…。
スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ