ラベル モンスターハンターライズ攻略 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル モンスターハンターライズ攻略 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年1月8日金曜日

モンハンライズ攻略・DEMO(体験版)攻略メモ

モンスターハンターライズの体験版についてのメモあれこれ。
1/8初稿
1/10追記:体験版プレイ特典について追記
1/14追記:タマミツネ戦のコツ少し追記しました。

モンハンライズDEMO(体験版)攻略メモ

DEMO版はクエストの出発回数30回分しかプレイできない制限あり。
プレイできるクエストは以下の4つ。
・オサイズチ討伐:初心者向け
オサイズチ討伐クエスト。
初心者向けということもあって簡単。
・タマミツネ討伐:上級者向け
タマミツネ討伐クエスト。
上級者向けというだけあって難しい。
タマミツネ以外にリオレイアもいる。
・基礎訓練クエスト:チュートリアル
キャンプや翔蟲関係、環境生物、戦闘の流れの簡単なチュートリアル。
・操竜訓練クエスト:チュートリアル
操竜関連のチュートリアル。

チュートリアルの記載がある基礎訓練クエスト/操竜訓練クエストは残りクエスト回数を消費しない。

体験版プレイ特典について

体験版であるモンスターハンターライズDEMOをプレイしたセーブデータがあると、製品版のモンスターハンターライズで【体験版プレイ特典】アイテムパックを貰える。

【体験版プレイ特典】アイテムパック
回復薬グレード20個/落とし穴5個/元気ドリンコ10個/鬼人薬グレート5個/硬化薬グレート5個

クエスト出発回数制限についての補足

1/8現在のバージョンだと、DEMO版のクエスト残り出発回数の制限はセーブデータで管理されているようで、セーブデータを消去してから再プレイすると残りクエスト出発回数が30回に戻るのを確認。

セーブデータを消去する方法は、ホーム画面の設定→データ管理→セーブデータの消去→「MONSTER HUNTER RISE DEMO」(0.5MB?)。

チュートリアルメモ

テントでは装備の変更/アイテムの整理ができる。
支給品BOXから支給されたアイテムを受け取ることができる。

画面左下にマップが表示されている。
三角形:プレイヤーの現在値
白いテントマーク:キャンプ
モンスターや罠などの設置物、切断した尻尾などの位置も表示される。
特定のクエストではクエストターゲットがマップに追加で表示される。
Lボタンを押している間はマップが拡大表示され、環境生物や採集ポイントなど、詳細マップで設定しているカテゴリのアイコンが表示される。
また、スタートメニューで詳細マップを確認することができる。
詳細マップでは、環境生物や採集ポイントの位置が詳しく表示され、カテゴリごとに表示を切り替えられる。
表示しているマップの階層を切り替えることもできる。
詳細マップでXボタンを押すと、アイコンリストが開く。
アイコンリストではマップ上のアイコンの説明が確認できるほか、選んだアイコンでAボタンを押すと、そのアイコンのみがマップに表示される。

草、実、虫、茸、骨、ハチの巣、クモの巣がある場所でAボタンを押すと採集。
鉱石がある場所でAボタンを押すと採掘。

各エリアに生息している小型の生物(環境生物)の中には、ハンターをクエスト中強化してくれる持続強化生物や、アイテムとして使用できる猟具生物などがいる。

緑色のゲージ:体力ゲージ。
このゲージがなくなると力尽き、メインキャンプに戻される。
黄色のゲージ:スタミナゲージ。
様々な行動でスタミナを消費し、時間経過で回復する。
スタミナゲージの最大値が短くなった場合、こんがり肉や携帯食料などのアイテムを使うことで回復する。
クエスト中、環境生物のヒトダマリを取得することで、体力とスタミナの上限をアップすることができる。
増やせる限度は装備している花結で決まる。

倒したモンスターの近くでAボタンで剥ぎ取り。モンスターの素材を入手できる。

-ボタン長押しでマップを開くことができ、Aボタンでファストトラベルができる。

右スティック押し込みでターゲット設定。
Lボタンをちょい押しすると、ターゲット設定した(画面右上に表示されているモンスターのアイコンが枠に囲まれた状態)モンスターに向くようになる。
オプションのカメラ設定で、ターゲットカメラからロックオンカメラに変更できる。

翔蟲関連メモ

翔蟲アクションを行うと、翔蟲ゲージを消費する。
翔蟲ゲージは時間経過で回復する。
アクションによって、消費する翔蟲ゲージの数や回復に掛かる時間が異なる。

基本的には翔蟲ゲージは2個。
野生の翔蟲を捕まえると一時的に翔蟲ゲージを1つ増加できる。

ZL+ZR:照準の場所に翔蟲を飛ばし、素早く移動する「疾駆け」を行う。
ZL+X:地上から上方に向かって「疾駆け」
ZL+A:地上から前方に向かって「疾駆け」
空中時ZL+X:空中時前方に向かって「疾駆け」
空中時ZL+A:空中時地上に向けて「疾駆け」

空中でA:空中停止。空中で一定時間とどまることができる。この時翔蟲ゲージは回復しない。
空中停止中B:落下
空中停止中Lスティック+B:空中回避

攻撃を受けて尻もちorふっとばされた時ZL+B:翔蟲受け身。体勢を立て直すことができる。
翔蟲受け身できない攻撃もあるので要注意。

抜刀中ZL+XorA(剣士)/R+XorA(ガンナー):鉄蟲糸技。抜刀中、翔蟲ゲージを消費して行える。武器種によって異なり、X/Aでそれぞれ別の鉄蟲糸技がある。

壁に向かって疾駆けをすると、Lスティックを入れた方向に壁走りが可能。
壁走り中は、Rを押すことでスタミナを使い走り続ける。
壁走り中、B+Lスティック:壁蹴りジャンプ
壁走り中スタミナがなくなると壁蹴りジャンプが行われる。
継続して壁を登りたい場合、スタミナがなくなるまで壁走り→スタミナ切れで壁蹴りジャンプ→壁に向かって疾駆け→回復したスタミナで再度壁走り→…を繰り返して高い場所を上ることができる。
スタミナが回復する空中停止を挟むことでさらに壁走りを継続させることも可能。

疾駆けで空中に飛んだ後や壁蹴りジャンプ後など、空中にいる時にXボタン:ジャンプ攻撃に。

オトモ関連メモ

オトモガルクの近くでAボタンを長く押すorアクションスライダーの命令にて「搭乗!」を選択すると、オトモガルクに搭乗できる。
搭乗中は
Lスティック:搭乗移動
R押している間:搭乗ダッシュ
ZR:搭乗ジャンプ
搭乗ダッシュ中にZL+Lスティック:搭乗ドリフト
X:搭乗攻撃
B:搭乗解除
ダッシュ中にB:離脱ジャンプ
搭乗中にアイテムスライダーを使用可能なアイテムに合わせてYボタンでアイテムを使うこともできる。

操竜関連メモ

翔蟲を使った攻撃などで一定ダメージを与えたり、モンスター同士の争いや、特定の環境生物を使用すると、モンスターを操竜待機状態になる。
モンスターを操竜待機状態にさせるダメージを与えた場合、特殊なダメージ表示になる。
操竜待機状態の敵に近づき、攻撃を当てるか納刀時にAボタンでモンスターを操竜できる。
操竜中はモンスターを動かすことができる。

Rを押したままLスティック:移動
X:弱攻撃
A:強攻撃
モンスターの攻撃は、モンスターによって異なり、Lスティックとボタンの組み合わせや連続入力などで攻撃が変化する。

B:回避。
移動や攻撃中、ダメージを受けている最中に回避すると、翔蟲ゲージを消費した緊急回避に。
攻撃を受ける直前で回避・緊急回避を行うと「受け流し」になり、モンスターを怯ませることができる。

Y:突進離脱。操っているモンスターを正面に吹き飛ばし操竜を終了する。
壁や大型モンスターにぶつけるとダウンさせることができる。
壁にぶつけた瞬間にBボタンでダウン回避。
ダウン回避をすると翔蟲ゲージを消費し、操竜終了を止めることもできる。
これを利用し、繰り返し突進離脱を使い、連続で壁にぶつけることもできる。
また、他のモンスターに向かって突進離脱を行うことで、ぶつけたモンスターを操竜待機状態にできる。

操竜タイマーに操竜ができる時間が表示されている。
基本的には時間経過で減少していき、攻撃を当てると時間延長、攻撃を受けると時間短縮する。

モンスターへの攻撃や受け流しで操竜ゲージを溜めることができる。
X+A:操竜大技。操竜ゲージが最大まで溜まると使用可能な強力な大技。
操竜ゲージが最大になった後は徐々にゲージが減っていき、一定時間経つと操竜が解除される。
操竜大技が使える時間中はXやAの攻撃でダウンさせることができるため、操竜大技をモンスターに当てやすくなる。

操竜後、同じモンスターはしばらく操竜不可になる?

ライトボウガン操作メモ

納刀中ZRやXなどで抜刀。
抜刀中Yで納刀。
ZL:照準
ZR:発射
A:攻撃することで爆発する爆弾「起爆竜弾」を設置する。
X:リロード。長押しすると全ての弾を順番にリロードできる。
L+XorB:弾選択
X+A:近接攻撃

鉄蟲糸技
R+X:前方に疾駆けする。この時にZRを追加で入力すると、近距離射撃を行う。
R+A:上方に疾駆けする。空中にいる時に、ZRで射撃、Aで下方に起爆竜弾射出※、Xでリロード?が可能。
※これで設置した起爆竜弾の起爆時のダメージは、操竜待機状態にさせるダメージ扱い。

今作では、属性弾は貫通しなくなった。
調合リストを見る限り、貫通属性弾が別にあるっぽい。

タマミツネ戦攻略メモ

テント内のアイテムボックスに以下のアイテムがあるので、厳しいようなら活用するとよい。
アイテム
回復薬30個/回復薬グレード30個/秘薬2個/解毒薬10個/ウチケシの実14個/硝散剤14個/こんがり肉10個/生命の粉塵5個/生肉10個/小タル爆弾10個/大タル爆弾10個/落とし穴1個

Lv2通常弾200個/Lv1貫通弾120個/Lv1散弾120個/Lv1徹甲榴弾10個/Lv1拡散弾3個/火炎弾60個/水冷弾60個/電撃弾60個/氷結弾60個

強撃ビン50個/毒ビン20個/麻痺ビン20個/睡眠ビン20個/爆破ビン20個/減気ビン20個/

タマミツネ戦のコツ
体験版だとレイアを操竜しての攻撃が強く、操竜大技まで決めればダウンを取ることができ、大きな攻撃チャンスが生まれる。
そのため、開幕にリオレイアを操竜してタマミツネに攻撃すると一気に大きなダメージを稼ぐことができる。
強攻撃のサマーソルトの威力が高いため、強攻撃→回避→強攻撃→回避→強攻撃で一気にダメージを稼ぐとよい。
翔蟲ゲージ+1しておくとさらに回避→強攻撃できるので、レイアを操竜する前に野生の翔蟲を採取し、翔蟲ゲージ3つにしておくとよい。

・ライトボウガンの場合
体験版だと速射対応弾はLv1通常弾のみ。
速射対応弾は、弾選択の弾名の横に赤い矢印?のようなマークが点灯している。

体験版で使える弾の中だと、Lv1貫通弾が使いやすい。
反動が少なく連射しやすいため、初期所持分はすぐ尽きてしまうので、ツラヌキの実から調合したり、テント内にある弾を利用するとよい。

Lv1貫通弾は、ツラヌキの実を拾って調合で増やすことができる。
ツラヌキの実は、キャンプ地から降りたところにある大きな鳥居のような岩の下辺りにある草の採集ポイントなどから採集できる。
開幕レイアを操竜する前に、翔蟲ゲージ+1回収と共にツラヌキの実を100個集めておくとよい。

Lv1貫通弾だけだと正直火力が足りない。
起爆竜弾をこまめに狙っていきたい。
敵がダウンしたところに、起爆竜弾を設置し、貫通弾を撃ちまくると一気にダメージを稼げる。

R+Aの鉄蟲糸技で空中に飛び、空中時Aボタンで行う下方向に起爆榴弾射出でタマミツネの体に起爆竜弾を設置できる。
この起爆ダメージは操竜待機状態にさせるダメージなので、操竜~突進離脱による壁ぶつけも狙える形になる。

R+Xでの鉄蟲糸技からの射撃は頭に当てられば結構良いダメージが出るが、隙が大きいので要注意。
硬直が長いので、このときに弾調合するのも手。
また、この射撃でのダメージも操竜待機状態にさせるダメージなので、操竜~突進離脱を狙うときに使うと良い。

Lv1徹甲榴弾を頭に当ててスタンを狙うのも手。

スポンサードリンク

ブログ アーカイブ