ペルソナ5ザ・ロイヤル攻略・オススメペルソナ

2019年11月27日水曜日

P5R(ペルソナ5ザ・ロイヤル/Persona5theRoyal)攻略

t f B! P L

スポンサーリンク

>P5Rペルソナ5ザ・ロイヤル攻略メニューページ

P5Rでの主人公につけるペルソナのオススメを記載。
DLCなしでの場合。

序盤

・インキュバスorサキュバス
P5Rでは単体状態異常付与魔法の付与率が大幅に上昇した上に、テクニカルがかなり重要になった。
そのため、最序盤で単体状態異常付与魔法を習得できるインキュバスから継承していくと便利。
初期スキルで夢見針を持ち、Lv7でドルミナーを習得できるので使いやすい。
杏殿もドルミナーを早い段階で習得できるが、主人公も状態異常付与を使えるとなにかと便利。
サキュバスなら初期スキルでドルミナーを習得しているので、こちらから継承していってもよい。
サキュバスはLvを上げれば睡眠率アップを習得できる点でも便利だが、睡眠率アップを習得するにはかなりレベルをあげる必要がある。

・ゲンブ
最序盤のラクンダ持ち。ブフも使える。

・オバリヨン
最短でカモシダパレスをクリアしようとすると、SP不足になりがちなのでSP消費を抑えられるラッキーパンチを使えるようになるのはありがたい。
ただ、無印版と違い、銃が戦闘ごとに弾補充されるようになったため指弾の価値が下がり、ラッキーパンチもクリティカル面でやや弱体化している感がある。
ラッキーパンチは元々命中率が低いと行った弱点を抱えていたが、クリティカル率もなんだか頼りなくなった感があるので、多用は禁物。
クリティカル率を補うのにクリティカル率が上がるパッシブスキルのアドバイスを付けたいところだが、アドバイスも弱体化しているため、バイコーンのレベルを上げてまで継承するか悩ましいところ。
…とはいえ、最序盤のカモシダパレスで使える数少ない物理耐性ペルソナなので有用なのは変わらない。

・ジャックフロスト
剛毅コープの関係で、マハブフを持ったジャックフロストを作る必要がある。
マハブフはLv12になれば習得できる。

・イッポンダタラ
Lv15で覚える暴れまくりが序盤では中々強力。
特性:型破りの重量持ちなので、物理ダメージ+20%な点も大きい。
暴れまくり+特性:型破りの重量は、しばらく使える物理スキル構成なのでスキル継承していくとよい。
ただし、命中率が低いので、スクカジャ/スクンダ系の補助魔法で補う必要があるので要注意。
ちなみに、無印版の物理だとマタドールが習得できる電光石火が強かったが、今作では電光石火が弱体化してしまった…。
また、マタドールは今作ではトリガーハッピーも習得できなくなるといった弱体化もされている…。

・アメノウズメ
剛毅コープの関係で、フレイを持ったアメノウズメを作る必要があるので、作成後そのまま使うとよい。
マカミ×サキュバス=クシミタマ
クシミタマ×ジャックフロスト=オンモラキ
オンモラキ×ジャックフロスト=アメノウズメ
アメノウズメは、初期スキルに電撃属性のマハジオと疾風属性のマハガルに加えて、全体回復のメディアもあるのがありがたい。
スキル継承でフレイとマハブフなどを継承して多属性使えるようにするとより便利。

・シキオウジ
核熱弱点ではあるものの、物理銃撃祝福呪殺の4属性無効と非常に優秀な耐性持ちのペルソナ。
無印版でも耐性が優秀なペルソナだったが、P5Rではレベルが低くなり、作りやすくなった。
少しレベルを上げればギリギリマダラメパレスでも使えるかも?(私の1周目のプレイだとたしかマダラメパレスクリアがLv17位でギリギリ足りなかった…)
今作でテクニカル周りで強化された念動属性魔法を習得するのも○。

中盤

カネシロパレスで合体警報、フタバパレスで絞首刑、オクムラパレスで公開処刑が解禁される。
合体警報でのスキル変化を利用すれば、早い段階で強力なスキルを入手しやすくなる。
また、絞首刑&合体警報を利用すればステータスを上げられ、公開処刑を利用できるようになるとさらに強力なスキルを入手しやすくなるので、中盤からはかなり自由度が高くなる。
・合体警報
合体警報時に合体すると、スキル変化を起こすことができ、低レベル帯でもかなり強力なスキルに変化させることができる。
これを利用して強力なスキルを入手し、継承していくとよい。
ただし、合体警報時に合体するとペルソナの名前が黄色い状態になり、このペルソナを合体素材にするとほぼ合体事故を起きてスキル枠全て別物になってしまうので要注意。
・絞首刑
全ステータス99のペルソナの作り方
・公開処刑
公開処刑と公開処刑限定スキルについて

上記を利用して用途ごとにペルソナをいくつか作っておくとよい。

終盤

最終的には、耐性や固有スキルが優秀なペルソナに絞首刑+合体警報を使ってステータスALL99にしていく形になる。
耐性や固有スキルが優秀なペルソナは、コープや周回などで合体解禁させる必要があるため、作成できるのは終盤になる。
・ヨシツネ
剛毅コープや魔術師コープなどが必要になるため、2学期終盤でようやく作れるようになる。
今作でも固有スキルの八艘飛びが非常に強力で、物理属性ではトップクラス。
物理特化:特性「究極不滅の怒髪天」付きヨシツネの作り方一例
ただし、今作で追加された3学期は物理に強い敵が多いため、ヨシツネだけでなんとかなるといった感じではないので要注意。

・ルシファー
星コープランク10以外に正義コープランク10なども必要になるため、これも2学期終盤に解禁。
呪殺吸収、物理銃撃無効、火炎氷結電撃疾風耐性、祝福弱点と、無印から耐性が大幅に変更されている。
耐性面が非常に優秀。
弱点はあるものの、祝福反射のスキルカードなどで補えばいい。
おまけ:ブースタ+魔導の才能検証メモ&ルシファー/サタナエル補足

・ファフニール
三学期追加ペルソナ?
物理銃撃反射に火炎核熱吸収、電撃耐性と、非常に優秀な耐性持ちのペルソナ。

・マリア
信念コープランク10で解禁なので、解禁はかなり遅い。
祝福吸収、疾風無効、電撃耐性、火炎弱点。
耐性はそこそこだが、固有スキルが3つもあるのが特徴のペルソナ。
聖母の囁き:戦闘中、行動順になった際HPを15%、SPを15自動的に回復する
聖母の抱擁:戦闘中、行動順になった際HPを25%自動的に回復する
聖母の慈愛:味方全体の戦闘不能状態をHP最大で回復する

・特性:松の生命力+テルモピュライ、マハオート三種持ちペルソナ
刑死者コープランク10で合体解禁されるアティスの特性:松の生命力。
包囲されていないときでも包囲された時のスキルが使えるようになる特性で、包囲時専用スキルのテルモピュライ(味方全体の攻撃防御命中回避上昇)が常時使えるようになるため、非常に便利。
また、戦闘開始時にマハタルカジャ/マハラクカジャ/マハスクカジャを自動的に発動するマハタルカオート/マハラクカオート/マハスクカオートも今作でも健在。
マハオート三種とテルモピュライについて/補助特化マリアの作り方一例
上記記事だと作りやすさと使いやすさの関係でマハオート三種とテルモピュライを一緒に付けたマリアを作成したが、マハオート三種と松の生命力+テルモピュライは別々に作ったほうがスキルで耐性を補うことができる。

・サタナエル
2周目以降で解禁される。
作成可能になるのが非常に遅いのがネックだが、固有スキルの「魔王の境地」が非常に強力。
魔王の境地は、ブースタ枠とは別枠で全ての攻撃の威力を上げることができるため、どの属性でもトップクラスの火力を出せる。
物理属性は固有スキル「八艘飛び」持ちのヨシツネがいるので、物理以外の属性で特化させるとよい。
万能特化サタナエル一例

>P5Rペルソナ5ザ・ロイヤル攻略メニューページ

スポンサーリンク

このブログを検索

広告
ブログ アーカイブ

QooQ