ストーリー関連メモ置き場|レスレリアーナのアトリエ

2023年11月30日木曜日

レスレリアーナのアトリエ

スポンサーリンク

レスレリアーナのアトリエのストーリー関連の個人的なメモ置き場。

個人的にガチャ運がないので、レスレリアーナのアトリエはストーリー追えればいいかな程度にダラダラとプレイしています。
CSと違ってストーリーを一気に追うことができないため、今あのキャラ何してたっけ…?ということが個人的に間違いなく起きるのでちまちまとメモしておこうと思います。

10/28初稿
11/30追記:期間限定イベント分でライザシリーズキャラを少し追加しました。
11/30追記:少し修正しました。

各キャラクターについて

キャラ名補足など
レスナ
レスレリアーナのアトリエ
レスレリアーナのアトリエ主人公の一人
見習い錬金術士
フードになんか変な生き物がいる…
リボンはいなくなった父親から最後の誕生日プレゼント
ボロボロになったリボンを師匠に直してもらったことが錬金術士を目指すきっかけ
果ての大陸を見つけるのが目標
また、師匠のように錬金術で人を幸せにしたいとも語っている。
コミュ障だが錬金術のことになると早口になるオタク的なキャラ付けだが、「並外れて熱く壮大で確かな夢を持っているのは大きな強み」とロマンさんに評されている
異邦人の錬金術士を先輩呼びする
出身はフリーゲンという小さな村、イザナも同郷
母親は大陸中を冒険している冒険者で、全然家に帰ってこない。結構大食いらしい
父は騎士で、魔物との戦いで行方不明
極夜の錬金党と戦った際に予知をした後不思議な光でララの道具の発動を防いだり、第四章ではネブラの遺跡を調べた際に文字を光らせ扉を開くなど、不思議な力を持っているような描写がある
虫が苦手
イザナ
レスレリアーナのアトリエ
ハンマー!
レスナの幼馴染の獣人
将来最強の騎士になる予定の鍛冶屋の娘
騎士試験に落ちたことがあるが、レスナの言葉「自分の信じる道を進め!」で立ち直った。
耳が蒸れるせいか湿気が多いところが苦手
故郷のフリーゲンにレスナ以外の友人が数人いる
父親がフリーゲン付近で一番の鍛冶屋で、怒らせるとお客相手でもグーが飛んでいき、頑固で拗ねると暫く口を聞いてくれない。
イザナ曰く「父親の修行は厳しく、老若男女関係なくぐわーっとくる」とのこと
イザナのハンマーは父親が鍛えたもの。
オープニングを見る限り、ライザのアトリエのキャラクターであるリラに師事するっぽい?
四章以降、ヴァレリアがレスナの護衛として役立つ場面が増え、イザナがそれを見て曇る場面が増える。
五章では、ランツェに弱さを指摘され納得がいかず決闘を申し込むが戦う描写もなく敗れてしまう。
ランツェ曰く、身体能力と五感の鋭さに恵まれているが無駄な動きが多いとのこと。
戦力として役に立たないことで置いていかれるのではと不安になるも、レスナから私を守ってくれる騎士と言ってもらえ、ハイディにも相談したことで安心することができた。
…が、火山で自身の力不足を思い知り、このままでは本物の騎士にはなれないと再度曇ることに。
ザスキア
レスレリアーナのアトリエ
レスナの師匠
レスナと同様に、果ての大陸でたくさんのマナを見つけ錬金術を復活させるのが目的
自分のためではなく、誰かの手助けをしたくて錬金術士をしている
レスナに錬金術を教えて8年
フリーゲンではそれなりに偉い立場
レスナからは「錬金術を教える時以外は寝たり食べたりしてる印象しかない」と言われている…
第三章の終わりに、レスナの前に極夜の錬金党を率いるクリセルダが立ちふさがると考えている
第四章時点ではクリセルダはまだ姿を見せていないが公式サイトでキャラクターイラストは公開されている
ヴァレリア初登場時に見ている夢で語りかける女性の声がザスキアと似ている気がするがヴァレリアとの関係は不明
第五章にて、果ての大陸からの?高純度のマナを所有している。個人所有しているのは珍しい?
第五章にて、フリーゲンから出て皆と別れて旅にでる。
王都で図書館によっている。
賑やかで活気にあふれている王都で行き交う人たちを眺めるのが好き。
王都に来たことがあるっぽいが、錬金術士はあまりいないらしいのでアラル=ザスキアの可能性もあったりするんだろうか?
ロマン
レスレリアーナのアトリエ
謎多き冒険者…?
レスナと同じく果ての大陸を見つけるのが目標を持つ同志
錬金術に興味があるものの、本人に資質はなかった模様
◯◯に定評がある男、〇〇のロマンなど様々な呼び名を自称している
・昔から器用さに定評がある
・気遣いのロマン
・意外と頼れる男と定評がある
・道案内のロマン
・備えの良さには定評がある
・用心深さにも定評がある男
・詩もできるし、歌も歌える。そんな男、ロマン
・話術の匠ロマン
困っている人を助け、町の人々の評判もいい
石窯を直すなど色々と器用だが、器用貧乏を自称している
宴会が好きで、宴会芸も披露できる。
オープニングも第二章でも騎士から身を隠している
高純度のマナをツテで見たことがある。
五章で王都に戻った際に野暮用として王都に残ることに。この時レスナに隠し事があるのでは?と疑われるが宴会芸でごまかす。
ロマン・カルマンを名乗っているがおそらく偽名
公式サイトやPVでは他のキャラと違い名前を消した上にロマン(Roman)と記載されている
一部見える本名の文字から本名はRichardでドイツ語のリヒャルトと予測されている
余談だが、アトリエシリーズではドイツ語が使われることが多い
また、アーランドのジオ様や不思議のマティアスのような実は王子(王様)キャラとも予測されている
ジオはロロナでキャラEDがあり、マティアスーもいい感じのカップルだったが、
今作はロマンさんとレスナのロマンスはあるんだろうか…?
ヴァレリア
レスレリアーナのアトリエ
レスレリアーナのアトリエ主人公の一人
角が生えた女冒険者。
フロッケやハイディと王都で暮らしているが、第四章でランツェたちとフリーゲンに引っ越し。
ハイディと会った3年前より前のことは覚えていない
3年前にネブラの遺跡で魔物に追われているハイディを記憶喪失のヴァレリアが救ったのが出会い
ヴァレリアという名もこの時にハイディが名付けた
ハイディと会ったときは今と大分違った模様(大笑いしないなど)
本名はナナ?(初めの夢の中でナナと呼ばれている?)
ハイディに冗談で「ランツェが船長ならヴァレリアはお姫様だったりして」と言われている
戦うこと以外に才能はないと自認していて大工の手伝いは5日で辞めたが、第四章で調合を成功させ錬金術士としての才能があることが発覚する。
錬金術を初めて見た時に少し懐かしさを感じている
ロマンから「記憶を失う前は錬金術士だったのかも」と言われている
腹ペコキャラで、何かを食べるシーンが多い。
腹が減っていると道端に生えているきのこも食べる
第五章では、レスナに大しておねーちゃん並みに過保護かも…とニオに評されている。
ニオとウィルベルにどうすればレスナの役に立てるか相談している
フロッケ
レスレリアーナのアトリエ
ヴァレリアやハイディと王都で暮らしているが、第四章でランツェたちとフリーゲンに引っ越し。
王都を拠点にした行商人をしているしっかり者の女の子で、3人の中での稼ぎ頭。
ランツェからは天使ちゃんと呼ばれている
父親と母親が失踪している
第四章で、行商をしながら両親を探しに行く決意をする
普段は行商では海魚の干物などを売っている
頭につけたベールのせいか髪型がロングに見えるが意外と短い
3人娘の中では最もしっかりした人物
ハイディ
レスレリアーナのアトリエ
ヴァレリアの相棒で、頭脳労働担当を自称しているお調子者の女冒険者
ヴァレリアとフロッケと王都で暮らしているが、第四章でフリーゲンにランツェたちと引っ越し。
フリーゲンでは「船乗りのお父さんと娘3人」ということになっており、ヴァレリア姉、ハイディ妹の模様
基本的に「月影の会」でハイディが依頼を受けているが、第四章で月影の会からヴァレリア共々除名されている
親から逃げてきた過去あり
第五章では、斥候として活躍。
また、イザナから相棒に置いていかれないか不安にならないかと相談され、新しい仲間ができて役割は代わっても自分たちの関係はちゃんとあると思うと答えイザナを元気づける。
ランツェ
レスレリアーナのアトリエ
元船乗り(元船長)のおっさん。
王都で暮らしているが、酒に溺れた生活でフロッケやトトリに心配されている
ヴァレリアたちが月影の会から追われる心配がなくなった後、一から体を鍛え直すためにフリーゲンへ引っ越し。
フリーゲンでは、ヴァレリア/ハイディ/フロッケと同居することに。
ザスキアからの紹介で家を借りたが、フリーゲンの村の人達には「船乗りのお父さんと娘3人」ということになっている。
バーバラという妻がいたが亡くなっている
鴉から逃走する時に使用した小さな船は昔使っていたもの
かつては大きな船に女房、たくさんの仲間がいたが頂獣に破壊され、ランツェのみ生き残った
第五章では、その経験からレスナたちに外洋の厳しさを伝える。
ユナ
レスレリアーナのアトリエ
白夜の騎士の一人。
現時点(第五章時)では本編にでていないが、OPに出ている他、公式サイトで「竜狩り」をした者として紹介されている。
第五章で龍殺しの話で出てきた騎士が恐らくユナのことと思われる。
マリー
ザールブルグシリーズ/マリーのアトリエ
マリーのアトリエ主人公
マリー/ユーディ/シャリステラ/ロロナとともに周囲を探索しているところアトリエにたどり着く
アトリエから出た後ユーディたちと分かれ一人旅
一人旅の途中でロジーと出会い、共に行動するように。
ランタナの貝を探しに来たレスナたちと合流し、ランタナの貝探しを手伝う
第四章では、アトリエでヴァレリアの調合を手伝った後、レスナたちと分かれマナを調べるために一人旅に。
期間限定イベント「ザールブルグの錬金術士」でエリーと合流し、二人旅に?
エリーとの面識があるため、エリーのアトリエクリア後レスナの世界に飛ばされている?
エリー
ザールブルグシリーズ/エリーのアトリエ
エリーのアトリエ主人公
期間限定イベント「ザールブルグの錬金術士」で登場
マリーと合流し、マリーと共に旅へ。
リリー
ザールブルグシリーズ/リリーのアトリエ
リリーのアトリエ主人公
期間限定イベント「ザールブルグの錬金術士」で登場
マリーとエリーが自身の世界での未来の住人だということに気づき、自身作った学校の成果を実感するというリリーのアトリエのエピローグ的なイベントになっていた
以後、みんなと分かれ、一人旅へ。
ヴィオラート
グラムナートシリーズ/ヴィオラートのアトリエ
ヴィオラートのアトリエ主人公。
キャラクターとしては参戦しているものの、現時点(第五章時)でストーリーには絡んでいない。
ユーディー
グラムナートシリーズ/ユーディーのアトリエ
ユーディのアトリエ主人公
序章で分かれた後一人で旅をし行き倒れそうになる
キースにしがみつき食べ物を分けてもらい助かり、キースと共に旅をするように
二章でキースに置いていかれたところレスナたちと再会し一時的に同行する
極夜の錬金党のララと善戦
第三章開始直後にアトリエでキースと再開し、レスナたちと分かれ、キースと二人旅再開
200年前に飛ばされた話がでるが、原作が調合中の事故で200年前に飛ばされてしまい元の時間帯に戻る話な為。
イリスシリーズ
現時点(第五章時)で、イリスシリーズからのキャラクターは1人も参戦していない。
一応イリスシリーズのメモリアはある。
ヴェイン
マナケミアシリーズ/マナケミア
マナケミアの主人公。
キャラクターとしては参戦しているものの、現時点(第五章時)ではストーリーに絡んでいない。
ロゼ
マナケミアシリーズ/マナケミア2
マナケミア2の主人公の一人。
キャラクターとしては参戦しているものの、現時点(第五章時)ではストーリーに絡んでいない。
一応期間限定イベントでは出番があった。
ロロナ
アーランドシリーズ/ロロナのアトリエ
ロロナのアトリエの主人公
ライザやイクセルとともにカフェ「星の繭」にて店員として働いている
料理担当
今作は錬金術ではなく普通に料理している模様
同行はしないが、星の繭でのイベントがちょくちょくあるため、出番はそれなりにある
ゲーム的にもスタミナ回復するパイを日に2回配布してくれるので非常にお世話になる
イクセル
アーランドシリーズ/ロロナのアトリエ
ロロナの幼馴染の料理人
今作ではライザやロロナとともにカフェ「星の繭」にて店員として働いている
料理や依頼の受付担当
ロロナより先に星の繭で働いていて、後から訪れたロロナを店員に誘った模様。
カフェでこの世界の情報収集している?
同行はしないが、星の繭でのイベントがちょくちょくあるため、出番はそれなりにある
ゲーム的にも利用頻度の高い依頼受付なので目にする機会は非常に多い。
トトリ
アーランドシリーズ/トトリのアトリエ
トトリのアトリエの主人公
王都で暮らし、アーシャと共に活動している
海の向こうを目指していて、ランツェから船について教わろうとしている
第四章では逃走したヴァレリアたちに会いにアーシャとともにアトリエに訪れ療養の手助けをする
ヴァレリアたちが月影の会から追われる心配がなくなった後、ランツェを追ってフリーゲンへ引っ越し、ランツェから航海日誌を借りる。
ランツェに拘る理由は、トトリは王都に来る前に昔ランツェが活動していた地域にてランツェのそれまでの活躍を聞いていたため。
メルル
アーランドシリーズ/メルルのアトリエ
メルルのアトリエの主人公。
キャラクターとしては参戦しているものの、現時点(第五章時)でストーリーには絡んでいない。
300万DL記念イベント「勇者レスナの大冒険~囚われの姫君~」のストーリーに登場していたが、このイベントは本筋と全く別のお話。
ドレスを着た星3バージョンも追加されている。
ドレスVerメルルの元ネタはおそらくゲーマガ2011年8月号表紙用描き下ろしイラスト※1と思われる。
この描き下ろしイラストがウェディングドレスなのはゲーマガ8月号が6/30発売でジューンブライドにちなんだものらしいのだが、
レスレリで10月にこの衣装のメルルを追加したのはどういった理由なんだろうか…。
アーシャ
黄昏シリーズ/アーシャのアトリエ
アーシャのアトリエの主人公
王都で暮らし、トトリと共に活動している
薬を売って生活している
ヴァレリアたちが月影の会から追われる心配がなくなった後、王都に戻る
第四章時点だとトトリと共に行動し周囲の人間の手助けをしていてアーシャ自身の目的は特に語られていない
第五章でニオ/ウィルベル/レジナと再会するが、薬の注文をたくさん受けてしまったため同行できなかったが、アトリエに火傷の薬を作り置きしていた。
ニオ
黄昏シリーズ/アーシャのアトリエ
アーシャの妹。
五章で登場。
黄昏世界の不作問題解決のためにレスナ世界を色々調査するために、ニオ/ウィルベル/レジナの3人でいろんな場所を旅していた。
五章で作物不作に困った人からの依頼を受けたレスナ一行と協力することに。
五章終盤火山調査後、レスナ一行と別れ、東のガルネ州にある「秘境」と呼ばれる山へと向かっていった。
レスナの役に立つために何をすればいいか悩んでいるヴァレリアにレスナと同じもの(目的)を見るのも大事とアドバイスする。
アーシャ本編でニオ救出&ニオが倒れるイベント発生済みなので、アーシャ一行もクリア後の時間帯から来たことになる。
ウィルベル
黄昏シリーズ/アーシャのアトリエ
魔法使い(修行中)の女の子。
第五章で登場。
物を売って路銀を稼いでいる。
一応魔法使いであることは秘密なのだが、シリーズ通して秘密にできたことはない。
竜になれると嘘を付く。
魔法を見せたお礼として火山で入手した珍しい鉱石を分けてもらう。
レスナの役に立つために何をすればいいか悩んでいるヴァレリアにレスナを信じろとアドバイスしたり、火山に落ちそうになったニオとヴァレリアを箒で空を飛び助けたりと活躍している。
レジナ
黄昏シリーズ/アーシャのアトリエ
出稼ぎ中の女性発掘屋。
第五章で登場
野営時に得意な料理を振る舞ったり、発掘屋の技術で鉱石掘りで活躍する。
珍しく配布キャラ。
マリオン
黄昏シリーズ/アーシャのアトリエ
中央の役人で、遺跡調査などで様々な地方に派遣されている女性。
ザスキアから「仕事が好きそうな顔をしている」という理由だけでアトリエの管理を頼まれる
アトリエでレスナの世界や異邦人について情報収集するために管理人をすることに
ロマンさんが怪しいため、監視を兼ねて二章ではレスナに同行する
新しい課題を出された後、ロマンを信用しPT離脱し、アトリエに残る
キース
黄昏シリーズ/アーシャのアトリエ
遺跡調査しながら旅をしている錬金術士の男。
原作同様ツンデレおじさん
レスレリ世界でも調査して回っている
一人旅だったが、ユーディを助けることになり以後二人で旅をしている
がユーディを置いて一人でどんどん先へ進んでいく模様
二章時点でユーディを置いていき、三章開始時点でアトリエに一人でたどり着いている
ロジー
黄昏シリーズ/エスカ&ロジーのアトリエ
エスカ&ロジーのアトリエの主人公の一人
マナについて調査しているところでマリーと出会い一緒に行動していたが、ランタナの貝を探しに来たレスナ一行と合流し、ランタナの貝探しを手伝う
レスナが気づいていない間に、アトリエに何度か利用していた模様
四章でイザナと行動し魔物討伐の依頼をした後レスナたちと分かれ、頂獣について調べるため一人旅へ。
錬金術による開発事業を聞いたロマンから「ロジー先生」と呼ばれる
イザナのハンマーを褒めた時にイザナから「ハンマーマン」と呼ばれている
戦闘でイザナと「即席のわりに息があっていた」ようだが、原作のパーティキャラクターにハンマー使いのアウィンがいたからだろうか?
原作では中央式錬金術の使い手で釜錬金は出来なかったが、レスレリ世界では釜錬金を扱うようになっている
原作終盤のイベントである空に浮かぶ未踏遺跡への到達の経験があるため、おそらくエスカ&ロジーのアトリエクリア後に飛ばされている模様。
エスカ
黄昏シリーズ/エスカ&ロジーのアトリエ
エスカ&ロジーのアトリエの主人公の一人。
キャラクターとしては参戦しているものの、現時点(第五章時)でストーリーには絡んでいない。
一応期間限定イベントで出番はあった。
シャリステラ
黄昏シリーズ/シャリーのアトリエ
シャリーのアトリエの主人公の1人
元の世界との共通点が多く、レスナに共感し協力することに。
序盤からレスナと同行し、一章までの登場頻度が高め。
原作だと肉をよく食べるキャラだったが、レスナではヴァレリアが腹ペコキャラをしているせいか、この要素は現状ない
先輩キャラとして原作よりキャラが立ってるかも…
第一章の失敗談エピソードで町を破壊した話があるが、一応ドラゴンに追われて仕方ない状況ではある
一章最後で知り合いを探しにいくため離脱。
配布キャラの全体ブレイカーなので戦闘ではかなりお世話に。
ソフィー
不思議シリーズ/ソフィーのアトリエ
ソフィーのアトリエの主人公。
キャラクターとしては参戦しているものの、現時点(第五章時)でストーリーには絡んでいない。
期間限定イベント「決戦!ハロウィンぷに」で主役として登場したが、本編とは全く関係ない話だった。
プラフタ
不思議シリーズ/ソフィーのアトリエ
ソフィーの師匠、元人間で現在人形に魂が入った状態で活動している。
キャラクターとしては参戦しているものの、現時点(第五章時)でストーリーには絡んでいない。
ソフィー同様に本編と全く関係のないシナリオの期間限定イベント「決戦!ハロウィンぷに」で登場している。
ちなみに、2023年10月前半にソフィーのアトリエVer、10月後半にハロウィンVerとほぼ連続で追加されている。
オスカー
不思議シリーズ/ソフィーのアトリエ
ソフィーの幼馴染、八百屋の息子で、植物の声を聴くことができる特殊な能力持ち。
異世界に飛ばされても本編同様に旅をしながらいろんな植物の話を聞いている。
主人公のソフィーよりも登場が早く、一章では出番も多い。
一章最後で遠出するために離脱
飛ばされたタイミングがソフィーのアトリエ直後なのか、まだ痩せていない。
コルネリア
不思議シリーズ/ソフィーのアトリエ
いなくなった父親を探すために行商しながら旅をしている錬金術士。
原作同様レスレリ世界でも行商人をしている。
フロッケの商人友達で、第四章にてフロッケから販路を広げるための相談をしている
クラウディアから痺れ爆弾商品化の提案を受けた際に「量産して流通させるなら、私にお任せください」と言っているためコルネリアの複製錬金術はレスレリ世界でも使えるっぽい?
テス
不思議シリーズ/ソフィーのアトリエ
カフェの看板娘。
メモし忘れたが、ストーリーで町中を探索時に会話イベントがありレスレリ世界でも何処かのお店の看板娘をしているっぽかった。
リディー
不思議シリーズ/リディー&スールのアトリエ
リディー&スールのアトリエ主人公の一人で、スールとは双子で姉
期間限定イベント「リディー&スールの日常~ふたりが描く家族の思い出~」で登場。
ヴァレリアたちがフリーゲンで暮らしていることから第四章~第五章辺りでの時間軸っぽい?
レスレリ世界に飛ばされて数日ほどで、アトリエでヴァレリアのお世話になっており、フリーゲンのランツェたちの家に泊めてもらっている?
レスレリ世界でも人々の幸せの為に依頼をこつこつと続けていくと決意を新たに次の依頼を受けに行く所で終わるため、
その後もランツェたちの家に引き続き泊まっているのか不明。
レスレリ世界では、基本的には「素材の声」を聞くことができない模様。
テーブル修理の依頼を進めていくとテーブルの声が少し聞こえたため、絶対に聞こえないというわけでもなさげ。
国一番のアトリエにはなっているためリディー&スール本編終了後にレスレリ世界に飛ばされている。
スール
不思議シリーズ/リディー&スールのアトリエ
リディー&スールのアトリエ主人公の一人で、リディーとは双子で妹
リディーと同様に、期間限定イベント「リディー&スールの日常~ふたりが描く家族の思い出~」で登場。
虫が苦手。
本編では2丁拳銃だったが、何故か短剣二刀流に変更されているっぽい?
同じ銃使いであるロロナのアトリエのクーデリアも同様に短剣使いに変更されているが、アーシャのアトリエのマリオンは銃使いのままだったりとよくわからない。
ライザ
秘密シリーズ/ライザのアトリエ
ライザのアトリエ主人公
ロロナやイクセルと共に王都にあるカフェ「星の繭」にて店員として働いている
給仕や依頼の受付担当。
友達と一緒にレスレリ世界に飛ばされたが現在別行動中とのこと。
一番初めにかっこよく登場したり、一章はレスナと同行したりとそれなりに活躍している
四章でクラウディアから遺跡の魔物討伐依頼を受けたレスナ一行に再度同行する。
ゲーム的に利用頻度の高い依頼受付なので目にする機会は非常に多い。
一章で語られる失敗談はライザのアトリエ1終盤のちょっとしたネタバレになっている
そのためおそらくライザ1クリア後に飛ばされたと思われる
第五章で元の世界で竜退治したことを自慢しているのも、ちょっとしたネタバレになっている。
期間限定イベント「ライザ祭忘却の賢者と秘密の楽園」はレスレリキャラが出てこないほぼライザのイベントになっている。
冒頭でロロナが出てくる程度で他のシリーズキャラもほぼ出てこない。
このイベントでは、記憶喪失になったアンペルに教える立場になったので先生気分を浸るために、アンペルのような格好をすることに。
ライザ1でアンペルの右腕に関するエピソードがあり、このイベントでも活かされている。
クラウディア
秘密シリーズ/ライザのアトリエ
ライザの親友で、商人である父親の手伝いをしている。
今作でも、商人の手伝いをしている模様。
第四章にて遺跡の魔物討伐依頼を王の繭に出し、レスナ一行とともにクラウディアも魔物討伐に同行することに。
ヴァレリアにやりたいことについて「誰かを笑顔にしたい」という助言をし、ヴァレリアのやりたいことが見つかるきっかけを与えている
コルネリアたちに痺れ爆弾の商品化を提案している
原作同様に今作でも趣味のフルートを披露する
一応戦闘でフルートを使った攻撃をするのも原作再現。
五章始まってすぐのレスナのナレーションで依頼報告後にクラウディアたちと別れている。
期間限定イベント「ライザ祭忘却の賢者と秘密の楽園」の開始時点ではライザ/レント/タオ/リラたちと一緒に星の繭に集まっている。
このイベントではレントと共に影が薄いものの、クラウディアはライザと共に唯一イベントスチルありと優遇されている。
レント
秘密シリーズ/ライザのアトリエ
ライザと同じクーケン島の住人で幼馴染
冒険者で、戦闘面ではリラの弟子。
期間限定イベント「ライザ祭忘却の賢者と秘密の楽園」で登場しているが、影が薄い…。
レスレリ本編では出てこないが、ライザたちと一緒に行動している?
タオ
秘密シリーズ/ライザのアトリエ
ライザと同じクーケン島の住人で幼馴染
遺跡など考古学に長けた少年で、古代知識についてはアンペルの弟子。
期間限定イベント「ライザ祭忘却の賢者と秘密の楽園」で登場し、楽園の調査で知識を活かしている。
レスレリ本編では出てこないが、レント同様にライザたちと一緒に行動している?
アンペル
秘密シリーズ/ライザのアトリエ
ライザの錬金術の師匠で、タオの古代関連の学問の師匠でもある。
甘いもの好き。
第五章の最後で、極夜の錬金党のララと共にイザナの前に姿を現す。
期間限定イベント「ライザ祭忘却の賢者と秘密の楽園」では、レスレリ世界に来た際に記憶喪失になっているが、イベント終盤で記憶を取り戻す。
イベント後、本編同様レスレリ世界でも錬金術の負の遺産を封印するためライザたちとは別行動をすることに。
イベント後、本編同様レスレリ世界でも錬金術の負の遺産を封印するためライザたちとは別行動をすることに。
ライザが友達と一緒にレスレリ世界に飛ばされたが現在別行動中という話を考慮すると「ライザ祭忘却の賢者と秘密の楽園」は恐らくレスレリの第一章よりも前の話と思われる。
アンペルの過去の友人周りの話題の出し方やリラとの関係が進行していないことからライザ一行はライザ1クリア後~ライザ3以前辺りの時系列からレスレリ世界に飛ばされていると思われる。
ライザ本編では過去に右腕を負傷し自身でまともに錬金術を行えなくなっている(簡単な調合は可能)が、レスレリ世界での錬金術を行えるかは今のところ不明。
リラ
秘密シリーズ/ライザのアトリエ
アンペルと共に行動している異界の女戦士で、レントの戦闘の師匠。
第四章時点で登場していないが、オープニングでイザナの近くにいるのが確認できる。
おそらく第五章以前の時系列と思われる期間限定イベント「ライザ祭忘却の賢者と秘密の楽園」ではライザ/レント/タオ/クラウディアたちと一緒に行動していた。
イベント後、ライザたちについていったのかアンペルについていったのか不明。

※1:ゲーマガ2011年8月号表紙用描き下ろしイラスト

その他メモ

キーワード補足など
錬金術今作の設定では、今作の舞台であるランターナという国を豊かにした色々なものを組み合わせて新たな物を生み出す150年前に失われたとされる技術
レスナは開始時点だと師匠以外の錬金術士とあったことがない
王都でも数年錬金術士に会ってないなど、錬金術士の少なさを感じられる町人の話を聞ける
レスレリ世界の錬金術は釜を使った錬金術だが、他の世界の錬金術とは別物
異邦人は元々いた世界の錬金術を使えない
元々の経験値は活きるようですぐにレスレリ世界の錬金術は使えるようになる
ロジーさんも釜錬金が可能に
ロマン曰く調合には天性の才能が必要
ヴァレリアは調合できたが、ロマンは無理だった模様
コルネリアは量産できるっぽいので複製錬金術は変わりなく使えるんだろうか…?
不思議シリーズで才能があるものには「素材の声」が聞こえるといった要素があり、レスレリ世界では基本的には聞こえなくなっているっぽいが、全く聞こえないわけでもない模様。
九偉人かつて世界を救った九人の偉人
果ての大陸で眠りについたとされる
果ての大陸九偉人が活躍した土地
海の向こうにあるとされている大量のマナが眠っている土地
昔、国中の錬金術士たちが探しても見つからなかった
エスカ&ロジーのアトリエでも似たような「世界の果て」があるとされていた
マナ錬金術に必要な要素
彗星から降り注ぐ星の恵み=大量のマナ
彗星の数が減ってマナも減ったことで錬金術も衰退
海辺はマナが豊富なのは、海の向こうからマナが流れ着いている?
他のアトリエシリーズにも「マナ」があるタイトルもあったが、今作とは別物?
異邦人別の世界からレスレリの世界へやってきた人たちのこと。
ザスキア曰く「別の世界からやって来る人はときどきいる」程度の頻度でいる模様。
どのキャラクターもいつの間にかレスレリの世界へ飛ばされているっぽい。
ララ曰く「理の違うこの世界では、本来の実力など到底望めないでしょうに。」と言われている
これは錬金術に限った話なのか、それとも他のなにかも弱体してたりするんだろうか?
異邦人は異世界に飛ばされた時に何故か飴を持っている
・飴をなめるとザスキアのアトリエに瞬間移動
・舐めた飴は自然と復活する
レスナも同じ飴を持っている
これはザスキアからもらったものだが、ザスキアも飴の仕組みをよくわかっていない模様。
また、場所によっては飴の色が変わることがあり、この場合アトリエに戻ることができない
アトリエに戻ることができなかった湿地で、アトリエに戻ることができるようになったが現状原因不明
三章と四章の幕間にザスキアから飴の作り方を教わりレスナも飴を作れるようになっている
信頼できる仲間に渡すように言われていて、四章でヴァレリア一行とロマンに渡している
ザスキアのアトリエ空間の狭間にあるアトリエ
ザスキアのアトリエでは錬金術士たちが力を合わせるとマナの力が増幅する
この効果は偶然の産物らしい
アトリエが出来たときにはすでに錬金術は過去のものになっていた
飴を舐めるとアトリエに飛ばされる
アトリエから出るとどこへいくのか特に言及されていない…?
飴を舐めてザスキアのアトリエだけでなく王都の星の繭などに移動しているような描写があるため、アトリエから出ると王都近くにでるのかも…?
と思ったが序盤に王都を目指して旅をしている時に路銀が尽きてアトリエに戻ってるからそうでもない…?
第五章の説明を見るにアトリエに戻った地点に戻れるっぽい?
レスレリアーナのアトリエ課題合格後、ザスキアからアトリエを譲り受けたレスナが「ザスキアのアトリエ」を「レスレリアーナのアトリエ」と改名する
レスレリアーナは「集い照らす場所」の意味
みんなが集まってそれぞれの願いを叶えられる場所にしたい
錬金術の力でもっと明るく、楽しいものにしたい
という気持ちを込めている
レスナとヴァレリアの名前もちょっと入っている
昼と夜レスレリ世界では太陽が動かない
一定時間ごとに昼と夜に切り替わる?
昼と夜が急に切り替わるため、朝と夕方が存在しない
夜になると強力な魔物が出る?
レスレリ世界の月は2つあり、大きい月が「大の月」で隣の月が「子の月(黄金星)」
子の月のほうが輝きが強く、金色の輝き
星の繭王都にあるカフェ
冒険者が依頼を受けることができる王国公認の唯一の場所。
それぞれの州に星の繭のように冒険者を募って依頼を斡旋する場所はあり、そこで解決しきれない依頼は優秀な冒険者を求めて王都に流れてくる。
月影の会王都で活動する組織で、非合法の依頼を請け負う
オリバーが会長?
依頼を受けられるが、締め切りや決まり事に厳しく、守ることが出来ない場合は監視者「鴉」による制裁が行われる
会の人間同士の争いは規則違反
アラルレスナが錬金術を始めたころによく読んでいた錬金術の本の作者
アラルはペンネームか本名か不明
書いてある内容は錬金術の基礎の基礎
王都に訪れた際に探したものの見つからず
現在王都にいない…?
極夜の錬金党各地で犯罪行為を行い指名手配されている謎の集団
活動期間はここ数年
・炭鉱の鉱石を根こそぎ奪う
・雨を振らせて干ばつで苦しむ村を救う
・山に生えてる薬草を一瞬で根こそぎ採り尽くす
・野獣の姿になって暴れまわる
などの噂がある
第二章でランタナの花を独占しようとしたララ/ジェロンと対立
レスナの錬金術「みんなを幸せにする」ララの錬金術「己の渇望を満たすための大いなる力」
極夜の錬金党内で目的に違いがある?
極夜の錬金党に所属する錬金術士は異邦人ではないっぽい。
第4章時点で判明している極夜の錬金党は3人だが、オープニングと公式サイトを見るに5人?
ララ・トロッケル:錬金術士、ララキングダム建国が目的
ジェロン・ディーゼル:錬金術士、獣人
アンチュ・モルトケ:第四章時点ではオープニングのみ登場、ララたちと並んでいるため恐らく極夜の錬金党
ワルター・マン:第四章時点ではオープニングのみ登場、ララたちと並んでいるため恐らく極夜の錬金党
クリセルダ:極夜の錬金党を束ね、解放者を名乗る錬金術士。
クリセルダは第三章時点で師匠に言及されている
第五章の最後でララと一緒にアンペルが登場して終わったが、アンペルが極夜の錬金党かは現状不明。
白夜の騎士ランターナの騎士団の中で最高位の騎士
イザナの憧れ
ロマンは白夜の騎士から身を隠している?
白夜の騎士の一人にユナというキャラクターがいるが、第四章時点でまだオープニングにしか登場していない。
第五章では、竜を倒して騎士に迎えられた人がいると話題に挙がり、ロマンがどんなにおっかない人なんだろうねと話している。
頂獣生態系の頂点に立つ存在とされる強大な魔物。
頂獣がいるため、海に出ることができない。
海だけでなく、様々な種類の頂獣が各地に生息していると言われている。
頂獣認定されている竜もいる。
10年近く前に東の海から頂獣が上陸したことがあったが撃退するのが精一杯だった。
ハイネ州の火山地帯は、大昔山に棲み着いた頂獣が大暴れしたことで地形が変化し山が噴火したという説があり、その頂獣の行方は不明。
ネブラランターナの大陸に、遥か昔に存在したとされる国の名前
遺跡から非常に高度な文明だったと予測されている
非常に繁栄した王国があったという伝承のみで、それ以外は謎に包まれている
ヴァレリアとハイディが初めて出会った場所が第四章で訪れるネブラの遺跡
遺跡は大陸各地にあり、前時代の遺物が見つかることが多い

スポンサーリンク

このブログを検索

QooQ