モンハンライズ(MHRise)攻略・ライトボウガン:適正距離について補足

2021年4月6日火曜日

モンスターハンターライズ(MHRise)攻略

t f B! P L

スポンサーリンク

>モンスターハンターライズ攻略メニューページ

適正距離と弾導強化についての補足あれこれ。
Ver1.1.1~Ver1.1.2時記載。

適正距離について補足

弓やボウガンなど遠距離武器は、弾・矢ごとに最大威力状態になる適正距離(通称クリティカル距離)がある。
ZLで照準を出したときに、カーソルがオレンジ色の二重○になるときは適正距離内。
黄色い丸のときは適正距離外で、ダメージが下がる。
OUT OF RANGEと表示されるときは、弾が届かない。

ライトボウガンの場合、強化パーツで適正距離が変わる。
強化パーツ:サイレンサーをつけると、適正距離が敵に近くなる。
強化パーツ:ロングバレルをつけると、適正距離が敵から離れる。
強化パーツで、適正距離自体の長さは変わらない。
スキル「弾導強化」をつけることで、適正距離自体の長さを拡張できる。

適正距離よりも近いと与えるダメージが少し減少、適正距離よりも遠いと与えるダメージが大幅に減少してしまう。
そのため、適正距離ギリギリで貫通弾を撃つと1発目以降のダメージが1ばかりなんてことが起きてしまうので、注意が必要になる。

斬裂弾の斬撃や、徹甲榴弾の爆発などは適正距離の影響がない。
そのため、斬裂弾/徹甲榴弾は適正距離を気にせずに攻撃できる。

放散弾は適正距離が広いが、強化パーツや弾導強化で適正距離が変わらない?

適正距離範囲補足

カーソルを頼りに、適正距離を計測。

左を密着時として、1目盛り前転回避1回分程度の距離。
オレンジ色部分が適正距離で、薄いオレンジ部分の方向に少し適正距離がはみ出ている。
例えば、
通常時の通常弾の場合、密着から少し離れた距離から前転2回転半位離れた位置までの範囲が適正距離。
また、弾導距離Lv3を付けた時、貫通弾より属性弾のほうが少しだけ適正距離の射程が長くなる。

>モンスターハンターライズ攻略メニューページ

スポンサーリンク

このブログを検索

広告
ブログ アーカイブ

QooQ