2018年7月23日月曜日

世界樹の迷宮X攻略・職業:ゾディアック

>世界樹の迷宮X(クロス)攻略メニューページ

ゾディアックについて
随時更新!

▼ゾディアックスキル:novice
・フォースブースト:占星時軸
3ターンの間、星術スキルの威力が上昇し、消費したTPの半分を回復する
・フォースブレイク:アストロサイン
敵全体に遠隔炎+氷+雷の複合属性攻撃。使用したターンの味方消費TPを0にする。
頭/INT

・エーテルの輝き
3ターンの間、味方1列の属性攻撃力を上昇させる。


・炎の星術
エーテルの輝きLV1
星術
敵1体から左右に拡散する遠隔炎属性攻撃
頭/INT

・氷の星術
エーテルの輝きLV1
星術
前後の敵2体を貫通する遠隔氷属性攻撃
頭/INT

・雷の星術
エーテルの輝きLV1
星術
敵1列に遠隔雷属性攻撃
頭/INT

・特異点定理
自身が敵の弱点属性で攻撃した時ダメージが上昇する

・エーテル圧縮
特異点定理LV3
星術・チャージ
次のターン終了時まで、自身の星術スキルの範囲が敵1体になる代わりに威力が上昇する。


・リターンエーテル
特異点定理LV3
自身の攻撃で敵を倒した時TPが回復する。

・採掘
採集スキル
迷宮内での採掘時に追加で素材を入手可能

・星体観測
一定歩数の間、エンカウント率を低下させる。

▼ゾディアックスキル:Veteran
・エーテルマスター
星術スキルによる攻撃力が上昇する。

・炎の連星術
炎の星術LV3必要
星術
敵全体に遠隔炎属性攻撃
頭/INT

・氷の連星術
氷の星術LV3必要
星術
敵全体に遠隔氷属性攻撃
頭/INT

・雷の連星術
雷の星術LV3必要
星術
敵全体に遠隔雷属性攻撃
頭/INT

・レストアエーテル
エーテル圧縮LV2必要
前ターンの自身の消費TPが多いほど自身の全攻撃力が上昇する。
前ターンの消費TP量が0、もしくは少量の場合は攻撃力の上昇効果は発動しない。

・アンチエーテル
レストアエーテルLV2必要
自身と同列の味方への属性攻撃を一定確率で無効化する。

・ダークエーテル
リターンエーテルLV2必要
使用したターン、味方1列の消費TPを減少させる。


・エーテルシュート
ダークエーテルLV2必要
星術
敵1体にINT依存の遠隔武器属性攻撃
腕/INT

・TPブースト
最大TPが上昇する

▼ゾディアックスキル:Master
・炎の先見術
炎の連星術LV2必要
対象の炎属性攻撃阻止。
次のターン終了時まで全攻撃力を上昇させる。
阻止成功時のみ攻撃力が上昇する。
追撃・カウンター攻撃には発動しない。


・氷の先見術
氷の連星術LV2必要
対象の氷属性攻撃阻止。
次のターン終了時まで全攻撃力を上昇させる。
阻止成功時のみ攻撃力が上昇する。
追撃・カウンター攻撃には発動しない。


・雷の先見術
雷の連星術LV2必要
対象の雷属性攻撃阻止。
次のターン終了時まで全攻撃力を上昇させる。
阻止成功時のみ攻撃力が上昇する。
追撃・カウンター攻撃には発動しない。


・TPカット
炎の先見術LV1/氷の先見術LV1/雷の先見術LV1必要
スキル使用時一定確率で消費TPが0になる

・多段式エーテル
アンチエーテルLV2
星術・チャージ
次のターン終了時まで、自身の星術スキルの威力が下がり敵全体ランダム複数回攻撃になる。
星術スキルの攻撃回数は2~5回に変化する。
元々2~5回攻撃のメテオは攻撃回数が6~15回に変化する。


・メテオ
星体観測LV3/エーテルシュートLV2必要
星術
敵全体へランダム2~5回遠隔壊れ攻撃
頭/INT

▼これまでのゾディアック
属性攻撃を得意とした後衛アタッカー。
これまでのシリーズでは、ナンバリングの3で登場。
世界樹の迷宮10周年記念の職業人気投票では2位と、人気の高い職業。
人気の高さに加えて、Xの全19職中ゾディアックは数少ない(X唯一?)術アタッカーということで、PTに入れる人も多いと思われる。

火氷雷の各種属性攻撃スキルに加えて、高火力な全体壊属性攻撃スキルのメテオを使うことができる。
上記に加えて、弱点を突いた時のダメージが上昇するパッシブスキル特異点定理に、火氷雷属性の攻撃を強化することができるスキルエーテル圧縮を習得するため、弱点を突ける相手には非常に強い職と言える。
これにより、やりこみレベルの話ではあるが法典でSTRを強化することで、サブクラスモンクでの壊炎拳やサブクラスショーグンでの一騎当千などを活かす構成も非常に強力だった。
4では各ステータス法典10個までの制限が追加されたが、Xではどうなるだろうか…?

また、使用したターンのPTメンバー(列)の消費TPを0にするダークエーテルも非常に便利。

>世界樹の迷宮X(クロス)攻略メニューページ
スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ