Vita「討鬼伝」体験版配信記念プレイ感想!これは微妙・・・。

2013年4月2日火曜日

t f B! P L

スポンサーリンク

6月27日発売予定のハンティングアクションゲーム、討鬼伝の体験版の配信が始まりました。
ということで、体験版のプレイ感想をば。

体験版の容量は354MB。
キャラクターエディットは男女の違いと装備の色数種と声20種のみで、大きな外見の違いは生まれない。
使える武器は太刀・手甲・鎖鎌・弓の4種。
シングル専用任務・マルチ専用任務・武器指南・戦闘解説書の4つのモードがある。

シングル専用任務で獄炎の鬼までクリアしてみましたが、正直つまらない・・・。
劣化モンスターハンターとしかいえない。
モンハンのようなずっしりとした一撃もなく、ゴッドイーターのような軽快なアクションがあるわけでもなく、かといってこのゲーム独特の爽快さ・面白さなどもない。
鎖鎌が少々目新しく感じたものの面白いわけでもなく、それ以外もどれも微妙なアクションで残念。
PVを見ると部位破壊を売りにしているような感じだったが、大型の妖怪相手に部位破壊をしても部位破壊した部分がすぐに元にもどっているため、爽快感に欠ける。
和風なハンティングアクションということで期待していたが、この体験版の出来だと製品版をやろうという気にはなれない。

モンスターハンターに始まり、狩りゲーの後追いで作られるゲームが多くなってきたが、ソウルサクリファイスといい、これといい、微妙な出来のものがおおくて残念。
後追いでもゴッドイーターバーストのような良作もあるので、後追いが悪いというわけではないが、こうも微妙なものが連続されると嫌気がする。
ゴッドイーターも1作目はひどかったことを考えると、ソウルサクリファイスや討鬼伝も調整しだいで面白いものにかわる可能性はあるが、残念ながらこの体験版は間違いなくつまらない。

スポンサーリンク

このブログを検索

広告
ブログ アーカイブ

QooQ