新世界樹の迷宮攻略メモ・弱体なしフォレスト・セル戦功略!難易度エキスパート編!

2013年7月8日月曜日

新世界樹の迷宮第六階層攻略

スポンサーリンク

ついにエキスパートのフォレスト・セル戦に撃破!!





追記:3ターンで撃破する方法をまとめましたのでそちらを参考にしてください。

下記は初撃破時のまとめと、対策の考察になります。


難易度エキスパートのフォレスト・セル戦撃破時のPT構成
・主人公(ハイランダー/前列)LV99転職→LV99
装備:飛竜の槍・アポカリプス・クリムゾンレギンス・世界樹の首飾り
主に使ったスキル:槍マスタリー・スピアインボルブ・ATKブースト
主に使ったスキル(グリモア):槍マスタリー・術式マスタリー・アクトブースト・定量分析
・アーサー(アルケミスト/前列)LV99転職→LV99
装備:賢者の杖・ウロボロスローブ・アタノールオリジン・世界樹の指輪
主に使ったスキル:術式マスタリー・定量分析
主に使ったスキル(グリモア):サンダーブレス・術式マスタリー・アクトブースト
・リッキィ(ガンナー/前列)LV99転職→LV99
装備:メギドファイア・クリムゾンレギンス・雷の手甲・エトリアの王冠
主に使ったスキル:銃マスタリー・アクトブースト・チャージサンダー
主に使ったスキル(グリモア):銃マスタリー・術式マスタリー・定量分析
・サイモン(メディック→バード/後列)LV99転職→LV99
装備:コンバットフレイル・フェアリーチェイン・聖騎士の盾・世界樹の指輪
主に使ったスキル:歌マスタリー・猛き戦いの舞曲・雷幕の幻想曲・禁忌の輪舞曲
主に使ったスキル(グリモア):森の結界・変性の術式
・ラクーナ(パラディン/後列)LV99転職→LV99
装備:真竜の剣・聖騎士の鎧・聖騎士の盾・エトリアの勲章
主に使ったスキル:パワーディレイド・オートガード・ファイアガード・盾マスタリー・HPブースト・DEFブースト
主に使ったスキル(グリモア):ブラッドウェポン・不可視の霊盾・盾マスタリー


PT構成補足
主に使ったスキルは全て★、グリモアのほうは8以上。
探索準備はエルダーフラワー。
GOOD効果はスキルレベル+2。
エキスパートのフォレストセルは、ピクニックと比べると2分の1ほどしかダメージが通らないくらい硬いうえに、攻撃力、状態異常付与率なども格段に上昇しているため長期戦は不利となるため、PTの火力を底上げし少しでも早く倒す必要がある。
アルケミストの覚える三属性のスキルよりも威力の高い三竜のブレス攻撃をグリモアで入手。
今回、サンダーブレス★が手に入ったので、雷属性で攻めることに。
主人公はスピアインボルブ、リッキィはチャージサンダー。
火力を底上げするために、サイモンを物理・属性攻撃力強化スキルの持っているバードに転職。
さらにバードの敵の耐性低下&味方の耐性強化スキルを使い、火力を高める。
前列はブラッドウェポンがかけやすいように攻撃役で固めた。
強化枠・弱体枠はそれぞれ3つまでなので、
強化枠:定量・ブラッド・猛き、弱体枠:雷幕・森の結界・変性の術式
を使うことに。
回復は必要なし。

勝利時の行動パターン
1ターン目主人公&アーサー&リッキィ:定量分析・サイモン:雷幕の幻想曲・ラクーナ:ブラッドウェポン→前列・フォレストセル:ネクローシス
2ターン目主人公&アーサー&リッキィ:アクトブースト・サイモン:猛き戦いの輪舞曲・ラクーナ:ファイアガード・フォレストセル:エクスプロウド
3ターン目主人公:スピアインボルブ4000~5000×3・アーサー:サンダーブレス5000~6000×3・リッキィ:チャージサンダー4800×3・サイモン:変性の術式・ラクーナ:パワーディバイド・フォレストセル:デモンズラッシュ
4ターン目主人公&アーサー&リッキィ:アクトブースト・サイモン:森の結界・ラクーナ:不可視の霊盾→後列・フォレストセル:セグメント19998回復
5ターン目主人公:スピアインボルブ5000~6000×3・アーサー:サンダーブレス5000~7000×3・リッキィ:チャージサンダー5000×3・サイモン:禁忌の輪舞曲・ラクーナ:ファイアガード・フォレストセル:エクスプロウド
6ターン目主人公&アーサー&リッキィ:アクトブースト・サイモン:禁忌の輪舞曲・ラクーナ:パワーディバイド・フォレストセル:セグメント24000回復
7ターン目主人公:スピアインボルブ5000~6000×3ネクローシスで死亡・アーサー:サンダーブレス5000~7000×3・リッキィ:チャージサンダー5000×3・サイモン:禁忌の輪舞曲・ラクーナ:パワーディバイド・フォレストセル:ネクローシス
8ターン目:アーサー&リッキィ:アクトブースト・サイモン:禁忌の輪舞曲・ラクーナ:パワーディバイド・フォレストセル:王の威厳
9ターン目:アーサー:サンダーブレス・リッキィ:チャージサンダー・サイモン:雷幕の幻想曲・ラクーナ:パワーディバイド・フォレストセル:ハルマゲドン

1ターン目のネクローシスで誰か死んだら、リセットでやり直し。
3・5ターン目主人公とアーサーのダメージのムラについての補足:味方の強化枠を定量分析・ブラッドウェポン・猛き戦いの輪舞曲にすると高いダメージのほう、雷幕の幻想曲・ブラッドウェポン・猛き戦いの輪舞曲になってしまうと低いほうのダメージになってしまう。何回か同じ手順で選んでいたが、リッキィは安定して定量分析・ブラッドウェポン・猛き戦いの輪舞曲になるものの、他の二人がどちらになるか不安定だった。
5ターン目までは何回もやってたどり着いたパターン。
6ターン目以降は初見で一気にやっつけることができたため、ラクーナが同じ行動になっている。
7ターン目で主人公死んだけどフォレストセルの体力が残り少なかったので、ごり押ししましたw
9ターン目でラクーナがハルマゲドン食い止めて死亡。残りメンバーの攻撃で撃破というぎりぎりの勝利。

エキスパートフォレスト・セル戦補足
フォレストセルはHPの残量で行動パターンが変化。
ネクローシス・太古の呪噴・エンタングルレイでの状態異常が異様にかかりやすい。
開幕ネクローシスは25%くらいの割合で死亡している気がする。
大抵開幕で1人、2人死ぬため、全員生き残るまで何度もやり直し。
状態異常などは不安定なものの、フォレストセルの行動はパターン化しやすい。
与えたダメージで行動が変化するため、PTによって大分かわる。
1ターンごとにPTの行動とフォレストセルの行動をメモってみるといい。
定量・ブラッド・猛きの強化を安定させるため、定量を最後にするパターンを作ろうと
前列組アクト→攻撃→定量→アクト→攻撃のパターンも試行錯誤してみたが
アクティベイト→太古の呪噴orエンタングルレイで安定しなかったため、断念。
また、アクティベイトに対し、敵の強化解除の沈静なる奇想曲で対応しようとしたが、
アクティベイトを解除しても、5人全員が状態異常にかかるという脅威の状態異常率っぷりにこれまた断念。
で、なるべくパラディンの三属性ガードで対応できるブレスが多いパターンを探すことに。
運よく4ターン目にエクスプロウドが2回目がくるパターンに当たったので、そこから発展させてなんとか撃破できた。
開幕死亡でやりなおしが多かったため、戦う前にブーストを貯めるという方法は今回とらなかった。

エキスパートのフォレストセルに勝つと、ギルドカードの勲章、中段真ん中にフォレスト・セル撃破の勲章が追加。

おまけ
王のグリモアについているスキルがあれば、対策が練りやすいかも。
・群狼の襲撃(狼王のグリモア):強化枠を使わずに使用したターンに味方全体与ダメージが1.4倍ほどに上昇するため、一気に倒しきれる状況ができそう。
・香華の衣(華王のグリモア):使用したターンは使用者は戦闘不能にならないので全員に持たせれば、ネクローシス対策になるかもしれない。
・深森の守り(森王のグリモア):使用したターンに受けるダメージを3分の1ほど軽減してくれるので、ハルマゲドン対策になるかもしれない。
・大蛇の痘苗(毒王のグリモア):使用したターンの状態異常耐性をあげることができるため、太古の呪噴対策になるかもしれない。
・黄金鳥の翼(鳥王のグリモア):使用したターンに最速行動になるため、群狼同様に、一気に倒しきれる場面や、回復して体制を整えることができるかもしれない。
が、なかなか入手しづらいので今回は使わなかった。

今回撃破したPTだと、アルケミストがダントツの火力だったので、アルケミスト5構成で一気に撃破できるかもしれない。

追記:開幕ネクローシス対策にアクセサリー:クリスタルアイ(防+2・即死耐性↑↑↑↑)があるといい。
ダークハンターのスキル・憤怒の力(自身のHPが一定値以下の時、物理・属性攻撃力が上昇する戦闘常時スキル)をアタッカーのグリモアに入れてあげるとよさげ。

スポンサーリンク

このブログを検索

QooQ