PS3「エスカ&ロジーのアトリエ」クリア記念プレイ感想!

2013年7月21日日曜日

ゲームプレイ感想

t f B! P L

スポンサーリンク

気分転換にはじめたエスカ&ロジーのアトリエをクリアしたので感想を書いていこうと思います。

エスカ編・ロジー編両方ともクリア。
ルシル以外のEDは全て見れました。
ルシルのEDも見れる状態だったのに、間違えてセーブデータ上書きしてしまったw
トゥルーエンドが2週目(両主人公でグッドEDクリア?)限定っていうのがちょっとめんどい・・・。
HDMIキャプチャを安価で入手できたので試しにスクリーンショットを載せてみる。
ここ最近のアトリエシリーズで気になるのがフリーズ。
今作では1回だけフリーズしました。
アトリエに戻ったときに、NowLoadingが出たまま動かずといった状況でした。
それ以外は快適にプレイすることができました。
夏ということで、PS3が熱暴走したのかもしれません。
ロロナのアトリエ、トトリのアトリエPlusのときのようなヒドイ状態ではないので安心w

今作では、主人公がエスカとロジーというキャラクター男女2人から選択することができるようになったのが大きな特徴ではあるが、残念ながらあまり意味を感じられなかった。
どちらの主人公を選択しても、基本的に主人公2人が一緒に行動していることが多く、ほとんどが同じイベント。
たまに一人で行動しても、イベントに大差はなく、些細な違いがある程度。
これなら主人公2人にする必要なかったんじゃないかなぁ?と思う。
トゥルーEDを見るためには両主人公でクリアしなければならないが、トゥルーEDを気にしなければ一周で十分な内容だった。

システム面ではいろいろと親切な設計になっている。
4ヶ月ごとに更新される課題をクリアしていけばいいだけなので、目標がわかりやすい。
また、イベントの起きるところはビックリマークで表示してくれるため、1週目でもほとんどのEDを見ることができるのは楽。
しかし、そのおかげでゲーム内時間がかなりあまるため不安になるw
ちなみに今作のゲーム内時間は4年間(3年+1年)。
今回大きな変更点がいくつかある。
まず、1ヶ月ごとに給料が入るという点。
主人公が役人という設定で、依頼が役人としての仕事になったため、依頼をクリアしてもその場ではお金がもらえず、給料が上がるという形になっている。
初めは戸惑うものの、課題と依頼をクリアしていけば結構な額もらえるうえに、2週目以降の引き継ぎでお金も引き継げるため、お金に困ることはなくなる。
つぎに、個人的に一番いい変更点だと思ったのが、攻撃・回復アイテムなど探索装備。
これまでのアトリエシリーズだと、トトリのデュプリケイトを除き、アイテムを使用するとなくなってしまうため、量産が必要だった。
しかし、今作では作り出した回復アイテムや攻撃アイテムは探索装備することで戦闘時使えるようになり、探索装備したアイテムは町に戻るごとに補充されるため、消費を気にせず何度でも使えるようになった。
強力なアイテムも町に戻れば元通り。何度でも使える!
戦闘では前衛3人+後衛3人といった形で6人PTに。
サポートゲージが全キャラクターで共有になったのも嬉しい変更点だ。
各キャラクターにある必殺技の代わりに主人公2人にはWドローという新システムが追加。
これが非常に強力で爽快。
主人公2人には必殺技ゲージがなく、サポートゲージが1以上のときにWドローが使える。
各キャラクターの必殺技が2000~4000ほどに対して、いい攻撃アイテムを使えば20000~40000ほどのダメージを叩きだせるのは非常に気持ちがいい。
今作では久しぶりに属性ダメージ系の特性が重複するため、敵を攻撃したときに数字がずら~っと並ぶのも気分がいい。
右上にトータルダメージがでるため強い攻撃が判りやすいのも○。画像だとちょっとわかりづらいw
エスカ&ロジー単品としてならそこそこ満足ではあるものの、前作をプレイしているといくつか不満がある。前作からのキャラクターで使えるキャラがリンカのみという点。
ニオやウィルベルなどのキャラクターも町にいるものの、プレイアブルではない。
また、前作のトゥルーED後のシナリオっぽいのだが、アーシャとキースに関しては逃亡生活しているという情報とロジーの先生が年中ムスっとしているという話からキースっぽい?また、スレイアの叔父=キースかも?ってぐらいで本編には姿形は出てこない。
レジナ・ユーリスは名前も出てこない。
使えるリンカに関しても前作以上の大きな進展は特になく、中途半端な印象を受けた。
ロロナのアトリエなどのアーランドシリーズ同様に、黄昏シリーズも3部作にするつもりで今作はわざと情報小出しにしたのかな?と思ってしまう。
システム面はいろいろとよくなっているだけに非常に残念。
ちょっと長い愚痴になってしまいましたが、アトリエとしての面白さは健在。
新しいWドローでの爽快感など、エスカ&ロジーならではの要素も活かされているので、アトリエファンも、アトリエ未経験の人も楽しめるゲームにはなっているので、この夏プレイしてみてはいかがでしょうか。

エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ (通常版)

スポンサーリンク

このブログを検索

広告
ブログ アーカイブ

QooQ