PS4「ストリートファイターV」Cβテスト2プレイ感想!10/25追記

2015年10月25日日曜日

ゲームプレイ感想

t f B! P L

スポンサーリンク

ストリートファイターVのクローズドβテスト2(CBT2)が10月22日~25日(なぜか21日からプレイ出来てたりしたw)までの期間限定で開催中です。
今回のCBT2は10万人という大規模なβテストということもあってか、PS4購入した記念に応募しておいたらレバーもないのに当たってしまったので、コントローラーでプレイしてみました。

スト4よりストZERO/3寄りに?
スト4であった難しい目押しが減って、セービング(セビキャン)がなくなり、ウルコンもなくなった。
スト3のようにスタンゲージが見えるようになり、受け身もできるようになり
キャラごとに固有アクションが発動できるVスキル/Vトリガーの追加で、キャラクターによってできることが大幅に変わった。
また、ゼロシリーズのようにガードキャンセル:Vリバーサルができるように。
あと、必殺技での削りKOがなくなったり(今作のスパコン、クリティカルアーツでは削りKOありっぽい)など色々変更点は多い。
全体的に新規が入りやすいように配慮したのかな?という印象。

いざ!対戦!
10/22はDL中でのプレイだったので、対戦はできませんでした(対戦待受のトレモはできた)が
10/23は10回くらい対戦できました。1回しか勝てなかった…。
そのわりには順位6000台だったので、意外とプレイしてる人は少ないのかな?
10/22はマッチングあまりできなかったとの話を聞いたのだが、
10/23にプレイした感じだと、結構すぐにマッチングされ、逆にトレモ全然出来なくて戸惑うレベルでした。
ラグも、1戦だけ酷かった対戦があったが、それ以外の9戦は普通にプレイできた。

1ラウンド目と2ラウンド目以降で1P側/2P側が変わるのがかなり戸惑う。
これは仕様なのかな?

対戦相手は、ケンが使いやすいこともあってか、めっちゃ多いw
次にミカ。
ネカリ、ラシードは少なめでした。
バルログとは出会いませんでしたw

まだ、βテストということもあって、バンバンコンボされて一方的に負けるということは少ない。
お互いぴょんぴょん飛びながら攻撃しあったり、地上でじりじり牽制しあったりすることが多かった。
上手い人と当たっても、受け身があるおかげか、起き攻めで一気にやられるということもなかったです。

しかし・・・
やっぱり、格闘ゲームをコントローラーでのプレイはキツイ…。
ということで、速攻挫折。
ストリートファイター公式ブログのCBT1の時の記事を見ると、製品版でPS3のアーケードスティックがPS4で使えるように検討しているという話が載っていたので、これに期待。
とはいえ、明日はかりん使えるみたいなので、少し触りたいと思います。

10/25追記:色々キャラが追加されてました。
CBT2最終日ということもあってか、リュウ/バーディ/ナッシュ/春麗/ベガ/キャミィと一気に使えるキャラクターが増えました。
とりあえず全キャラ触ってみましたが、やっぱり全然勝てませんでしたw
23日6000位だった順位も、気づけば3万くらいまで落ちてましたw酷いw
キャラクターが増えたので対戦相手のキャラが結構バラけてケンだらけの状況から変わったので、結構楽しかった。

リュウはブロッキング(というよりGGX紗夢の祓斧っぽい)がVスキルで使えて、ついつい狙いたくなる。
Vトリガーの電刃使うとスタン値上がったりとスト3っぽい感じ。
ナッシュはタメキャラじゃなくなってたり春麗は百裂コマンドになったりベガはサイコクラッシャーなくなってたりと、どのキャラもこれまでとは大分印象が違うキャラに。
バーディも飯食べて、バナナ設置できるようになってたりw

コントローラーでプレイしていたせいか、Vリバーサル/Vトリガー/クリティカルアーツが妙に出しにくかったのが気になった。
あとロードが長めな気もする。

スポンサーリンク

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ