PS3「ジョジョの奇妙な冒険ASB」プレイ感想:キャンペーンモードがひどすぎる・・・

2013年8月29日木曜日

ゲームプレイ感想

t f B! P L

スポンサーリンク

遂に発売されたジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル。
期待が大きかった分がっかり感が半端ない。
ストーリーモードもひどかったけど、キャンペーンモードがさらにひどかった・・・。
ソーシャルゲームかよ・・・。
ジョジョが好きだからってなんでも許すと思うなよ!!
プレイヤーがプッツンするわ!!

ストーリーモードはほとんど文章で省略された説明&CPU戦をちょっとやる程度で正直つまらない。
左のような画面に文章でストーリーが説明→CPU戦の繰り返しで部ごとに話数の偏りがあったりで結構酷い。PSで発売された3部ゲーのようなバラエティに富んだものではないのは非常に残念だが、キャラクターの関係上ここらへんは仕方ないのかもしれない。
PS2で出た5部ゲーのようなシークレットミッションがあるものの、いまいち再現をしているという感じでもなく面白さにつながらなかったのは残念。

しかし、こんなストーリーモードが霞むくらいに酷いモードがあるとは思わなかった・・・。
キャラクターのカスタマイズに必要なアイテムを入手するキャンペーンモードがあまりにもひどすぎる・・・。
はっきりいってソーシャルゲームのような内容です。
フルプライスのゲームを買って、こんなゲームやらされるとは思いもしなかった・・・。
正直不愉快でやる気も削がれてしまった・・・。

キャンペーンモードは基本的にはCPU戦をするだけモード。
探索を選択すると、他のプレイヤーのヴィジョンと呼ばれるCPUか、ボス扱いのCPUと戦うことができ、このCPUを倒すことでカスタマイズのアイテムが入手できる仕様になっている。
ヴィジョン・ボスのCPU戦に勝利することでカスタマイズアイテムを入手できるが、レアなものはボスごとに設定されている耐久値を0にしないといけないっぽい。
ボスの耐久値はボスのCPU戦に勝利することで250ほどしか減らすことしか出来ない。
ボスの耐久値はボスごとに設定されており、少ないキャラで1500ほどで多いキャラでは7500もあり、何度も戦わないといけない仕様になっている。
そんなボスの出現率は3%ほどしかない。
・・・やってられるかぁぁぁぁあッ!!
また、それとは別にCPU1戦勝利するとだいたい500CS(キャンペーンスコア)入手でき、1000CS貯まるごとにプレイヤーズカードで使える名言が入手できます。
999,999CSまであるのでとてもじゃないけどやってられないw
探索をするにはエネルギーを1メモリ消費する。
このエネルギーは10メモリまで蓄積でき(上画像の右上のバッテリー表示みたいなところ)、
1メモリ回復するのに20分の時間経過が必要。
また、ランダムで発生するっぽいイベントで1メモリ回復するくらい。
※不評が多かったのか9月2日朝4時までの期間限定で5分で1メモリ回復するキャンペーン中らしい。期間短いw
上記のようなソーシャルゲームのようなゲームシステムも十分酷いが、当然のごとくソーシャルゲームのような課金システムまである。
PSNにてエネルギーを回復する下記課金アイテムが売られている。
ごま蜜団子の差し入れ×5:150円
ごま蜜団子の差し入れ×11:300円
ごま蜜団子の差し入れ×30:650円
※またこれ以外にキャンペーンモードを役立てる課金アイテムも販売中。
ボスとの遭遇後10分間は同じボスの出現率が100%になるという仕様なので、時間経過での回復は20分で1メモリなので当然追いつきませんね。
・・・なにこれ。
・・・。
フルプライスのゲーム買ってこんな糞仕様とかひどすぎる・・・。
正直がっかりにも程がある・・・。
中古対策か課金での集金を狙ってるのかわからないけど、これはやる気なくす・・・。

しかもこれ公式がこのモードを発表したのは発売日前日。
カスタマイズについてはずっと前から情報公開されてたのにカスタマイズに使うアイテムが入手できるモードは隠してたのはひどい・・・。
こんな酷いモードをプレイしないとカスタマイズできないとか詐欺だよ・・・。
よくこんなのでファミ通で40点もとれたな・・・。
と思ったんだけど、この記事みたらファミ通がプレイしてたのキャンペーンモードができないサンプルだった模様。
・・・ひでぇ。
詐欺としか思えねぇ。

ほかにもゲーム開始時のキャンペーンモードのロードが20秒くらいかかったり、対戦前のロードが15秒くらいと長かったり、対戦するにしても演出がながくてテンポが悪いとかいろいろと不満点はある。
このような不満がたまっているところにキャンペーンモードをプレイしてみたら、あまりにもひどすぎて感想のつもりが愚痴になってしまった。

ここまで酷いところばかり書いてしまったのでいいところも紹介しておこう。
やはりキャラクターにこだわったというだけあって、様々な技が再現されているのはジョジョファンとしてはうれしいところ。
これまでのジョジョのゲームやアニメと声優さんが違うので旧来からのファンには違和感を感じるキャラもいるが、 人気の声優さんを使っているようなので、若いジョジョファンの人たちには良い点ではないだろうか。
ほとんどのキャラクターが同じような操作で動かせることができるのでジョジョ好きの友達で集まってわいわいと対戦するのも面白いだろう。
キャラクターバランスはあまりよくなさそうですが、ゲーム性に関してはボタン連打でコンボできたりわかりやすいもので、初心者が入りやすい仕様になっているので、この点は非常に評価できる。

最後にまとめ。
個人的には、キャンペーンモードで全て台無し。
客観的に見ても一人プレイだと、キャンペーンモードを寛容できる心の広いジョジョファンでなければ楽しめないと思います。
ただし、友達の家にジョジョ好きが集まってワイワイ対戦する分には問題なく楽しめるんじゃないかな?
追記:キャンペーンモード以外の感想も書きました

スポンサーリンク

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ