PS4/PS3/Vita「ローグレガシー」クリア記念プレイ感想!

2015年4月11日土曜日

ゲームプレイ感想 ゲーム情報

t f B! P L

スポンサーリンク

Steamにて2013年に配信されたローグレガシーが2015年4月8日よりPS4/PS3/Vitaにて配信開始されました。
2015年4月現在、PS+にてフリープレイ対象タイトルになっていたので、早速プレイしてみました。
1周目クリア済み。

高難易度!悪魔城ドラキュラ+ローグライク!
ローグレガシーは、基本的には悪魔城ドラキュラのような2Dマップ探索型アクションゲーム。
マップに入るごとにランダム生成されるローグライク要素があり、非常に難しいものになっている。
飛び道具を放つ敵が大量に出現したり、ダメージ床だらけだったりと、プレイヤーに不利なマップになることが多く、これでもかというくらいにプレイヤーを殺しにくる要素満載。
そのため、序盤は開始して30秒もしないうちに死ぬなんてことが多々あった・・・。

理不尽にも感じる難易度ではあるものの、育成すればなんとかなるようにはなっている。

俺の屍を越えてゆけ?次世代のために金稼ぎ!
ローグレガシーは、プレイヤーキャラが死亡すると探索時に入手したお金を引継ぎ、次の子孫がプレイヤーキャラになる。
お金を消費してスキルツリーを発展させていく育成要素と、マップで見つけたレシピを元にお金を消費し装備品/ルーンを購入する育成要素があり、マップに入る前にのみ発展/購入することができる。
スキルツリーを発展させればキャラクターのステータス強化や新クラス取得などができる。
装備品は攻撃力や防御力の補強に加え、一部の装備品には敵撃破時HP回復や取得ゴールドアップなどの特殊効果の付いたものもある。
さらに、装備品にルーンを付けることで、ジャンプ回数が増えたり、ダッシュができるようになったりなどアクションの幅が増えるといった要素もある。
また、ルーンの中にも敵撃破時HP回復や取得ゴールドアップなどの特殊効果の付いたものがあり、これらの効果は重複するため、同じ効果のものをたくさんつけると非常に強力なものになる。
お金をかければかけるほど強くなっていくので、お金稼ぎが重要になるゲームなのだ。

ユニークなキャラ特性!
プレイヤーキャラはバーバリアンや忍者などと言ったクラスと呼ばれるものが設定され、クラスごとにステータスや特殊能力が変わってくる。
また、クラス以外にもキャラ特性が設定されており、これがかなりユニーク。
低身長のキャラだと抜け道を通れたり、ニワトリ恐怖症のキャラだと回復アイテムの鶏肉が走りだしたり、プレイヤーに有利なものから不利なものまで様々。
中でも、画面が見えづらくなる特性のキャラクターを選択してしまうと、難易度が跳ね上がる。
画面がぼやけたりする以外にも、白黒になったりセピア色になったり、上下反転するものもある。

総評:とにかく難しい・・・
LV90台まで上げてなんとかクリアできたものの、非常に難しい。
敵の弾幕の理不尽さに、プレイが雑になり、早々に死亡するという悪循環に嵌まり、クリア時には死亡回数400回越え・・・。
少しでも難易度下げるためにキャラ育成するのに、結構お金稼ぎが必要になる。

高難易度アクションゲームが好きだ!っていう人にはオススメだが、そうでもない人にはお金稼ぎの繰り返しなどが少々面倒くさいゲームかも。
今ならPS+でフリープレイなので、PS+に加入している人は試しにプレイしてみてはどうだろうか。
また、通常価格が2000円なので、PS+に加入していない人でプレイしてみたいという人もPS+に加入したほうがお得かもしれない。

スポンサーリンク

このブログを検索

広告
ブログ アーカイブ

QooQ