2020年4月18日土曜日

FF7R攻略・バレットの特徴/アビリティ/個人的使用感

>ファイナルファンタジー7リメイク攻略メニューページ

バレットの特徴やアビリティー、個人的使用感を記載しておきます。

バレットの個人的使用感

遠距離攻撃で安全にATBゲージを溜めやすく、最大HPの高さや便利なアビリティーがあるため、高耐久な回復役/補助役として活躍できる。
遠距離攻撃主体なので、空中の敵に対して強力なアタッカーとなる。
また、操作キャラとして扱う場合、ジャストエネルギーチャージ(仮)を行うことでぶっぱなし使用頻度を高めることができ、より強力なキャラに。

バレットの特徴

たたかう:銃による遠距離攻撃を行い、□ボタン長押しで銃による連射を行う。
剣では届かない敵への攻撃や、安全な場所から攻撃が可能。
ただし、アトミックシザー/キャノンボールといった近接武器を装備時は、たたかうが近接攻撃に変わる。
空中への攻撃はしづらくなるが、ガードの性能が良くなり?攻撃判定が付く。ダメージは低い。

固有アビリティ:ぶっぱなすを行える。
ぶっぱなすは、ATBゲージが大きくたまる高威力の遠距離攻撃。
再発動までにチャージ時間が必要になるが、△ボタンを押すことでエネルギーリロードを行い、チャージ時間を短縮できる。
近接武器の場合は、とっしんに変化し、とっしん後に高威力の叩きつけを行う。

ジャストエネルギーチャージ(仮)
チュートリアルでも記載されてないため正式名前がわからないのでとりあえず(仮)。
たたかう長押しを撃ちきった後や攻撃アビリティ発動後にタイミングよく△ボタンを押すと通常時よりもモーションが短いエネルギーチャージを行うことができる。
攻撃アビリティの場合、アビリティ発動中に△連打でできる位タイミングは緩い。
これを活用するとぶっぱなし使用頻度を高めることができるので、バレットの攻撃性能やATBゲージ溜め性能が格段に上がる。

バレットのアビリティ一覧

ド根性
一定時間、被ダメージが減少し、ひるみにくくなる。
防御面で優れているバレットをより固くできる便利なアビリティー。

フュエルバースト
ATB全消費し、高威力の弾を放つ。バースト効果:大。
発生がやや遅くATB全消費するのが難点だが、モーション自体は短め。

アバランチ魂
一定時間、仲間がダメージを食らうと自身のHPを分け与える。
HPが高く、被弾することが他のキャラよりも低いバレットのHPを分け与えることになるので、リスク軽減になる。
特に、アイテムの使えない難易度HARDでは、チャクラマテリアと合わせてMP節約になる点で便利。

アンガーマックス
ATB全消費し、無数の弾を一気に撃ち込む。
発生が早く、敵を倒しても次のターゲットに自動で切り替えるため、かなり使いやすい。
ATB2で使うと長いこと射撃することになり、その分モーション自体が長くなる。

エナジーアッパー
敵をぶん殴り、打ち上げる。効果:エネルギーリロード
前進してから威力そこそこのアッパーカットでエネルギーチャージを行う。
発生は遅い近接攻撃なのが難点。
ジャストエネルギーチャージと合わせると、50~60%ほど一気に溜まる。

グランドブロウ
地面をたたきつけ、周囲の敵を空中に打ち上げる。
発生遅めの近距離攻撃だが、周辺への範囲は広め。

ゼロレンジシュート
ATB全消費し、至近距離の敵を吹き飛ばす。
比較的モーションは短めだが、至近距離でないと当たらないのが難点。

>ファイナルファンタジー7リメイク攻略メニューページ
スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ