ドラクエモンスターズ2攻略メモ・クリア後の金稼ぎ!せかいの雲の塔のカギでゴールデンゴーレム狩り!

2014年2月12日水曜日

3DSドラクエモンスターズ2攻略

t f B! P L

スポンサーリンク

クリア(狭間の闇の王・名も無き闇の王撃破後)の金稼ぎ!
せかいの雲の塔のカギを厳選!

まず、カギ錬金の店の前でセーブしましょう。
つぎに、カギ錬金の店にてカギ作成します。
素材のカギ:金のカギ(8000G)。
カギの名前前半:せかいの(クリア(狭間の闇の王・名も無き闇の王撃破後)で入手の称号
カギの名前後半:雲(天空の世界の地図をほとんど解放すると入手できる称号)

このカギの作成に12万Gかかります。
作成したら、
せかいの雲の塔のカギLv30代
クエスト:あらゆる手段をもちいてできるだけ早く〇〇ゴールドゲットしろ!
というものになっているはずです。
このカギの情報が出ている画面でLボタンを押し、出現モンスターを確認します。
もし、ボタンを押して先に進んでしまっても、道具からカギのたばを選択し、今作ったカギ「せかいの雲の塔のカギ」を見ることができます。
ここのモンスターの一覧に、ゴールデンゴーレムがいなかったらHOMEボタンからゲーム終了後再起動して、またカギを作りなおしましょう。
この作業をゴールデンゴーレムがでるまで頑張ります。
ゴールデンゴーレムが確認できたらセーブしましょう。
あとは、このカギのクエストでゴールデンゴーレムを倒しまくるのです!
ゴールデンゴーレム4体と1戦するだけでクエスト目標額の9割ほど稼げるため、2戦するだけでクエストが終了し、Sランクのクエスト報酬がもらえます。
きんのカギの限界レベルである80まで育てると
ゴールデンゴーレム4体×2:16000G×2
クエスト報酬(Sランク):140000G
で計172000Gが2~3分ほどで稼げます。
カギの復元に71500Gかかるので、繰り返し稼ぐ場合だと2~3分あたりで10万ほどになります。

なぜきんのカギなのか
プラチナのカギで作った場合
限界の★まで育てると
ゴールデンゴーレム4体×2:20000G×2
クエスト報酬(Sランク):175000G
で計215000Gときんのカギより稼げるのですが、
ゴールデンゴーレムの硬さが増すため、1回当たりの時間が3~4分ほどかかるようになるうえに、復元に131500Gもかかってしまうため、同じカギを使用して繰り返しゴールドを稼ぐ場合きんのかぎより効率が下がってしまいます。
復元を考慮すると、きんのカギで作成したものが一番効率がよいかと思われます。

3DS本体時間を変更すると?
3DSの本体時間を変更すればいいのでは?と思ったひとはやめておきましょう。。
3DSの本体時間を変更すると、使用していなかったカギも含めて、すべてのカギがそのカギの再生時間最大の状態になります。
復元か再生時間経過で戻ります。
とびだせどうぶつの森攻略の関係で2~3ヶ月ほど進めていた時間戻したら大変なことになったw

ゴールド増で効率アップ!
ゴールド増は敵から取得できるゴールドが2割増しになります。
そのため、ゴールデンゴーレム4体と1戦するだけでクエストクリアできるため効率がよくなります。
ハートナイトやあくまの黙示録など特性にゴールド増のついているモンスターを使うか、武器に特性:ゴールド増をつけるという方法があります。
特にハートナイトは捕まえるのは大変ですが、AI2回行動・経験値増・ゴールド増・アイテム%アップと非常に使い勝手のいいモンスターで、新生配合でこうどうはやいをつけることでさらに役立つとされています。
かじで武器にゴールド増をつける場合オリハルコン3個・プラチナこうせき5個・ゴールドストーン5個と素材を集めるのが少々大変です。
ゴールドストーン・オリハルコンともにゴールデンゴーレムがおとすので、金稼ぎついでに素材があつまったらつけてみるといいかも。
プラチナこうせきはライブラリを見るとキラーマシン・ボル・バル・ベル・ブルなどが落とすようです。

スカウト用のせかいの雲の塔のカギも忘れずに
ゴールデンゴーレムは色々と配合で使うことも多いモンスターなので、スカウトしやすいように低レベルのせかいの雲の塔のカギものこしておくと便利。
クエストではなく、カギの世界で自由にあそぶを選択すればレベルも上がらないので、金稼ぎクエスト用、スカウト自由用と使いわけよう。

所持金カンスト前に銀行へ
所持金カンストは99万9999Gなので、意外と早く上限まで貯まってしまいます。
銀行に預けることのできる金額は100万を越えるので、こまめに銀行に預けましょう。
銀行に100万G預けると称号:大富豪「ミリオネア冒険者」がもらえます。

3DSドラゴンクエストモンスターズ2関連のメニューは 
ドラクエモンスターズ2攻略メモまとめにて

スポンサーリンク

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ