PS3「シャリーのアトリエ~黄昏の海の錬金術士~」両ルートクリア記念ネタバレありプレイ感想&評価・レビュー!

2014年7月27日日曜日

ゲームプレイ感想 シャリーのアトリエ攻略

t f B! P L

スポンサーリンク

両ルートクリアし、トロフィーもコンプリートできたということで恒例のネタバレありのプレイ感想!
シャリステラ/シャルロッテルートクリア済み/トロフィーコンプリート済み
難易度は1周目ハードコア/2週目ディスペアーでほぼプレイ。


黄昏シリーズ完結作?
今作はアーシャのアトリエからはじまった黄昏シリーズの3部作目。
クリア後に聞けるEXTRA→おまけボイス→ホムラの声優さんのコメントによると、黄昏シリーズ完結らしい。
のだが・・・なんというかまだ続きそうな感じ。
水枯れ問題は解決するかも?ってところで話しが終わって黄昏については投げっぱなし・・・。
エンディングでアーシャとロジーの姿は確認できますが、セリフは一切ないのが悲しい。
これで黄昏終わりだとしたら、アーシャの旅の成果やエスカが貰った種、リンカたちの過去などすごい中途半端な気がする・・・。

今作ではエスカ&ロジーに引き続き、W主人公ですが、正直微妙。
ルート限定の調合アイテムがあったり、2周しないと見れないエンディングがあったりと周回させるための要素でしかない。
エスロジと違い、両名女性主人公という点も選択肢の幅が狭く感じる。

エスロジよりは固有イベントがあるものの、主人公を二人にする必要性は感じられないのは残念。
主人公に関しても描写不足なせいかイマイチに感じる。
ステラは水枯れで困っている村を救うために頑張っているものの、村はゲーム中一度もでてくることがないため感情移入しづらい。
ロッテは大きなことを成し遂げたいという曖昧な目標からスタートでアトリエ主人公っぽくはあるのだが、母親が実は難病だと発覚するにもかかわらず、母の病気を治したいではなく空を飛びたいという夢を叶えるという流れでなんかもやもやする。

ストーリー自体も終盤の壊れたテレビを叩いたら治ったというような流れで微妙に感じる・・・。
正確には違うけど、そんな風に感じてしまう。
なんというか錬金術が関係のない落ちになってしまっている。
また、キャラクターイベントも飛び飛びのようなシナリオが多いのが気になった。
例:ミルカとユリエが仲違いしているっぽいのが、終盤なぜか仲良くなっているなど。

PS3で初の日数制限無し
PS2のアトリエシリーズの中に何個か日数制限のないものがありましたが
PS3では初。
従来の日数スケジュール管理を効率化する楽しみがなくなったと嘆く人もいるのもわかるし
日数制限がなくなったことにより、ゲーム内の時間を気にせず戦闘/調合などができるようになって嬉しい人も多いことも理解できる。
日数制限無しは人によって好みは分かれる所だと思う。
ただ、日数制限廃止の影響か、依頼に必要なアイテム数、討伐数が異常に多くなるのはきつかった。
また、日数制限を廃止したにもかかわらず、日数制限があるころと同じような作りにしているせいか、利便性の悪さやバランスの悪さなどが気になる。
例:探索装備や潜力:永久機関があるせいで、ステラの固有コマンド:コピーが死にスキルなど。

ライフタスクは失敗?
日数制限のかわりにライフタスクというシステムが追加されている。
ライフタスクは○○へ行く、○○カテゴリの○個調合する、○○を○体倒す、特定の地域で採取などといった課題をクリアすると達成されていく依頼のようなシステム。
ストーリー進行のライフタスク以外に次の章へ進むためのライフタスクや達成することで報酬が貰えるライフタスク、サブイベントを進めるためのライフタスクなどがある。
ライフタスクは上記のような採取や調合などに関わるものなので
1周目で色々やろうとすると、いつの間にか達成されていたりすることもある。
ストーリー進行の関係でライフタスクをある程度達成するとアトリエに戻る度に次の章へ進むかの選択肢が表示され、非常に煩わしい。
逆に2週目だとそのライフタスクを消化するのが地味に面倒くさい。
アップデート前は次の章へ進む条件を満たした後は調合1回するごとに選択肢が一々表示されて酷かった。
また、ライフタスク達成時に貰える報酬も序盤でも簡単に達成できるもので
経験値5000など入手できるためLv10→Lv25に一気に上がるなどの
バランスの悪さも気になった。
さらに、ストーリーとの相性の悪さが気になった。
主人公二人が時間がない中で解決策を知っているかもわからない錬金術士を探すか、自分たちで調査をするかで揉めて喧嘩をした後に、今はすることがないからライフタスクを進めようといった流れになるのは、とても違和感があった。
 
戦闘:バーストが爽快!?
戦闘はエスロジと同様前衛3人後衛3人の6人PTバトル。
今作の戦闘システムの目玉、バーストシステム。
特定のゲージが貯まると発動されるバースト中はダメージが異常に跳ね上がる。
そのため、殆どの敵を瞬殺できる。
また、バースト中に特殊効果を付与できるフィールドバーストや
バースト中にのみ使用可能な主人公の固有コマンドが非常に強力!
どのキャラクターでも大ダメージを狙え、爽快なので結構楽しい。
難易度の選択も追加され、ライトユーザーにも優しい仕様になっているのは◎。

ただ、バースト前提なせいか、難易度が高いとやや雑魚敵のHPが多いように感じる。
また、Wドローの代わりに、各主人公に固有コマンドが追加されたのだが
性能差が大きすぎる。
ロッテのミックスが非常に強力なのに対し、ステラのコピーが使い勝手がなさすぎる。

調合:チェインなどわかりづらい?
今作も調合で強力なものを作る醍醐味は健在。
ではあるものの、これまでの調合と比べ正直分かりづらい印象を受けます。
というのも調合にチェインというシステムがあり、
素材の属性とスキルの属性をあわせ、
調合時に素材のスキル枠に並べていくといった要素が追加されて
面倒くさくなった感があります。
また、調合レベルの上限が99になり、
チェインを稼ぐには
Lv99になってから本番みたいなところもあるのも難点。

音楽:非常に良いが…
アトリエシリーズといえば調合と音楽といっても最早過言ではない。
シャリーのアトリエでも非常に音楽はよい。
Stellaその3/Sweepその2/Scorpio/Aquarius/雲烟飛動
などが個人的にお気に入り。
すごく音楽はいいんだけど・・・
歌が流れて、セリフがなく進むイベント・・・
なんか作品進む毎にこういう演出増えてる気がしますが
歌は良くても作品にあってなかったり、スキップで飛ばせなかったり
と微妙に感じることのほうが多いので
個人的には正直やめて欲しいかな・・・。

恒例のバグ/フリーズが多い
今回はこれまででもトップクラスにバグが多かった。
・特定の地域で戦闘すると、ゲーム終了時に異常終了する。Ver1.03で修正済み。
・プロトタイプという敵を倒した後にセーブ・ロードしようとするとフリーズする。Ver1.03で修正されていない。
・特定のトロフィが条件を満たしても取得できない。Ver1.03で修正済み。
・特定の技が機能していない。Ver1.03で修正済み。
といった致命的なものから、コレまでのアトリエシリーズでも見たことがあるようなバグ・フリーズが満載。
上記は私が確認できたものだけで、確認できていないバグもネット上ではいくつか判明している。
7月27日に配信されたVer1.03である程度修正・改善されたものの、セーブフリーズのバグなど残っているので要注意。
上記バグ・フリーズ以外にも、地味なものも合わせればまだ結構バグ・不具合は残っている。

総評:ガスト20年悪い意味での集大成
記念すべきガスト20周年作品でありながら、悪い意味での集大成になってしまっている。
例年にもましてバグ/フリーズが多いのは致命的。
日数廃止による戦闘/調合への没入感やバーストによる爽快感などいいところもあるのだが、
バグを抜きにしても、ストーリー、ゲームシステム、UIの悪さなどで粗が目立つ。
黄昏シリーズに入ってからシステムが洗練されていかなかったのが残念でならない。
これまでのノウハウが活かされていないゲームシステムやUIになってしまっている。
あまりの投げっぱなしなストーリーから黄昏シリーズがまだ続くような気もしますが
新シリーズに期待したいところ。

この他シャリーのアトリエ関連の記事は
シャリーのアトリエメニューにて!   

スポンサーリンク

このブログを検索

広告
ブログ アーカイブ

QooQ