PS3/WiiU「インジャスティス神々の激突」体験版配信記念プレイ感想!

2013年5月22日水曜日

t f B! P L

スポンサーリンク

スーパーマンやバットマンで知られているアメコミのDCコミックの格闘ゲーム、インジャスティスの体験版が配信されたので、プレイしてみました。
格闘ゲームは下手の横好きで色々さわっていますが、インジャスティスはちょっと難しく感じました。
というのも、体験版ということもありCPU戦と対戦の2つくらいしか遊べず、チュートリアル的なものがないため。

・操作方法
レバー・十字キーで移動。
ガードもレバー・十字キーでするタイプ。
ボタン配置は
□:弱攻撃?
△:中攻撃?
×:強攻撃?
○:キャラクター固有攻撃?
L1:投げ(□+×でも可っぽい)
R1:ステージの特定の位置で発動できる攻撃?
R2:コマンド技追加攻撃時に使う。ゲージ消費。
ゲージがたまっているときにL2+R2で超必殺技的な攻撃が発動。 
キャラクターごとにコンボルートやコマンド技がたくさんありますが、ゲーム中にスタートボタンを押すと出てくるメニューからムーブリストを選ぶことで、今操作しているキャラクターのベーシックアタック・コンボ攻撃・特殊ムーブ・キャラクター能力を見ることが出来ます。
各攻撃のダメージ数だけでなくフレーム数なども書いてあるため、上級者にも親切な設計です。
体験版はボタンコンフィグができないっぽい。
アーケードスティックでやるにはちょっとプレイしづらい。
しかし、コントローラーでは非常にプレイしやすいボタン配置になっている。

・CPU戦は簡単
とりあえずバットマンでプレイしてみましたが、CPU戦は簡単にクリアはできます。
ラウンドはヴァンパイアセイバーのようなタイプ。
体力ゲージ1本分とると一旦距離をおいて再スタートされる形。
CPU戦は4、5戦して終わり、プロモーションが流れる。

・操作感など
複雑なコマンド技はなく、ゲージ消費技もL2+R2で出るなど初心者に配慮されている。
また、コントローラーでプレイしやすいボタン配置になっている。
通常技をコマンド技でキャンセルできない?
その代わり、弱中強ボタンの組み合わせで色々なコンボルートがある模様。
バットマンのコンボは□→△→×で相手が浮くので□→△→×→ジャンプ□(or△)→□→□→×などが入ったりした。
ムーブリストを見るとバウンドキャンセルなるゲージを消費してコンボをキャンセルして地上バウンドからコンボを延長できるものもあるようなので、いろいろとコンボが研究されそう。
対戦前のロードが少し気になる。
対戦モードで試してみたが、同キャラで連戦する場合はロードが短くなる模様。

・総評
グラフィックは素晴らしく、マーヴルコミックと並ぶ2大アメコミの一つDCコミックの格闘ゲームということで、アメコミ好きの人にはたまらない一品だろう。
コントローラーで遊びやすく、従来の格闘ゲームより初心者が遊びやすいように感じるのもキャラゲーとして非常によく出来ている。
格闘ゲーム好きな人にとっては、一つ注意しなければならないことがある。
インジャスティスはマブカプとは全く違う格闘ゲームということ。
インジャスティスは、マヴカプのようなビームなど飛び道具の打ち合いや、高機動な攻めからのコンボゲーといった感じではない。
L2+R2のゲージ消費技の演出こそ派手なものの、立ち回りは結構地味目なもののように思える。マブカプのようなものを期待するとがっかりするかもしれない。
しかし、キャラクターごとの個性は強く、さまざまな魅力的なアメコミキャラクターを動かす楽しみは非常に大きい。
また、バウンドキャンセルなどコンボも発展性があるように思えるので、今後の研究に期待したい。


スポンサーリンク

このブログを検索

ブログ アーカイブ

QooQ